スティーブ・ジョブズの名言|いままでにない商品について消費者調査をするのは無理

このエントリーをはてなブックマークに追加

卓上計算機しか使ったことがない人にマッキントッシュがどういうものか尋ねても、答えられなかったでしょう。それについて消費者調査をするのは無理です。とにかくつくってみんなに見せ、どう思う?と聞くしかありません。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世界の化学メーカーを見渡すと、時価総額は1兆円以上か、当社のように5000億円以下か、ほとんどがどちらかに分類されます。これがなぜなのかは分かりませんが、当社がこれまでと同じような取り組み方を続けているだけでは、1兆円企業になれないことは確かです。その壁をどうやって乗り越え、結果として1兆円と評価される企業になるかが、会社全体のチャレンジなのです。

母・由美子は薬学部出身ということもあって、論理的思考の持ち主。私には「これと決めたら必ずやり遂げなさい」と常に言っていました。母親というと、父親と違って優しいものだろうと思うのですが、私の母はかなり厳しい人でした。

人間は欲しいものをすべて言語化できていない。偶然の出会いを求めて書店に行きましょう。

私が昔から実践していたのは、電車の中吊り広告にくまなく目を通すことでした。とくに雑誌の中吊り広告です。世の中の動きやホットな話題はだいたい網羅できますし、雑誌の作り手は、世の中でみんなが最も興味を覚えていて、お金を出してでも欲しいだろうと思っている情報を選んで編集しているわけです。いわば「濾過されて落ちてきた雫」のようなものです。

多様な個性を持つ社員たちをまとめるには、人や組織の内面を深く理解しなければならない。

取るべき施策が正しくても、それが徹底されなければ衰退する。

私が心がけていることは、女性の活躍とか、女性の活用といったキャンペーンが行われている中、がんばるモデルではなく、誰でもできる働き方をしたいなと。国会議員は特に有給休暇もないし、産休も育休もない職場ですから、多くの女性に入ってもらうためには、ムリをしない働き方を自分で模索したいなと考えています。多少あつれきというか、男性からムッとされたとしても。

不祥事が起きるのを止められないのは、コンプライアンスが形だけのものになっていて、企業文化に根づいていないから。その根本的な原因はコミュニケーションの不足。

文化人類学の人たちと話をしていると、トウモロコシはネイティブアメリカンの聖なる食べ物だったとか、インドネシアでいまポカリスエットが受けているといった話がぽんぽん出る。新しい文物が、違う社会から輸入されて普及していく現象が、当たり前のようにある。その形態は、新しい文化が波となって広まり、その波に乗って、特定の企業がマーケットを占有していくものだ。このような生活文化、消費文化の開発はその地域で大いなるビジネスチャンスを生む。これは、製品技術より文化で説明して初めて説得力があるし、そういった事例も豊富にある。今の日本でそれができないとすれば、これまでの成功体験が障害になっているからだろう。

すぐに結果を求めるには、人生は長い。

ページの先頭へ