スティーブ・ジョブズの名言|いままでにない商品について消費者調査をするのは無理

卓上計算機しか使ったことがない人にマッキントッシュがどういうものか尋ねても、答えられなかったでしょう。それについて消費者調査をするのは無理です。とにかくつくってみんなに見せ、どう思う?と聞くしかありません。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

第一証券に入社したとき、最初はみんなと意見が合わなくて、戸惑うこともありました。でも、それは新しい職場を前の職場と比べている自分に原因があったんですよ。わかりやすく言うと、新しくできた恋人を昔つき合っていた彼女と比べるようなもの。その考え方を捨てることができれば、自分の熱意は新しい恋人に伝わると感じたんです。

やはり1回勝てた経験は大きなもので、「1」から「2」へは、すんなりいきやすい。本当に難しいのは「0」を「1」にすること。とにかく一度、力を出し切り、成功を経験する。これが自分を成長させる早道。

私たちは、皆違います。あなたがあなたに合った仕事の進め方に注意するようになれば、もしかしたら私が考えもしなかったような方法を見つけ出すかもしれません。いろいろと試してみてください。

私自身、33歳までビジネスとはまるで縁のない生活を送っていました。ところが結婚から間もなく28歳年上の夫が病気で倒れたため、経営の「ケ」の字も知らないまま、突然、夫の会社を3億円の借金ごと引き継ぐことになったのです。しかし経営の定跡などなにひとつ知らないのですから、社内は混乱し業績も急降下、私自身も病気で倒れてしまうというどん底に落ちました。なぜそうなってしまったのだろうと真剣に考えました。そこで思い至ったのが、組織で仕事をするためには「やらない=人に任せる」ことが大事であるという真理でした。

僕は、ブランドづくりで一番大切なものは究極的にはマナーだと思うんですね。広義の意味でです。ここで言うマナーっていうのは、その人が持つ「雰囲気」です。単純にポジティブマインドっていうような浅いものではなくて。一緒にいると、なんか楽しそうだなと思えるような雰囲気って、服装とか、持ち物よりも、遥かに大切だと思います。ブランディングは「ブランド物を持つ」ということではなくて。姿勢一つ、話し方一つ、身振り手振りで印象が作られる。それが結局、会社が持っている空気にもつながります。いわば「会社のマナー」です。これが今、すごく大切です。

得意な分野にこそ落とし穴が潜んでいる。人って不得手な分野ではなく、意外に得意分野でつまずいていることが多いんじゃないですか。

いろいろ経験しないと、本当の部分が理解できない。

サービス開始当初、反応は鈍かったんですよ。鳥取には「煮えたら食わあ」という言葉があります。誰か手を出すまで待つ気質で、とにかく実績第一。利用者はポツポツ増え、5人を超えた頃やっと加速しました。

私はいま幸せだ。折に触れて追憶し、楽しめる「苦しかった過去」を持っているからである。苦あればこその楽しみだ。苦しみを経た者しか、真実の喜びは味わえないと思う。

大切なのは自分で決めて守ること。自分の約束を守ることで、フォームがかたどられていく。そうやって身につけたフォームは死ぬまで残る。

ある程度業績が戻ってきたら、銀行さんがお金を貸してくれるようになりました。そこで、ごっついお金をかけて店舗の全面改修に取り掛かりました。1億円で立てた店を4000~5000万円かけて何店も改修したのです。それだけ一気に変えないと、お客さんには伝わりません。それに、思い切って変えれば、従業員も「やるぞ」という新たな気持ちになって、仕事にも精が出ます。攻めるときには、やっぱり思い切って大胆にならないといけません。

営業の人間は、お客様に一番近いところにいて、お客様の生の声が聞けるわけです。ある意味、営業はマーケッターなんですよ。

仕事の無駄をなくそうとするのなら、まずは「大事な仕事」を明確にしなければなりません。ホワイトカラーにとっての大事な仕事は日によって異なります。ですから1日の仕事がスタートする前には、どんなに忙しくても「今日一番大事な仕事は何か」を明確に意識してから仕事に臨むべきです。これはタイムマネジメントの基本中の基本です。

ページの先頭へ