スティーブ・ジョブズの名言|いままでにない商品について消費者調査をするのは無理

このエントリーをはてなブックマークに追加

卓上計算機しか使ったことがない人にマッキントッシュがどういうものか尋ねても、答えられなかったでしょう。それについて消費者調査をするのは無理です。とにかくつくってみんなに見せ、どう思う?と聞くしかありません。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

質問の際に「どういう目的で尋ねるのか」を意識している人は少数派です。質問力を身につけたいなら、目的が曖昧なまま質問することは非常に損なことです。

海外展開も重要ですが、日本国内でもやるべきことはたくさんあると考えています。日本の市場は、企業も、家庭も、まだまだ飽和してはいません。

不可抗力による失言は、人間的な可愛さを前面に立ててフォローするしかありません。私の場合、「申し訳ございません。本日は大変厳しいご指摘をいただく覚悟をしてまいりましたので、緊張して「は」と「も」の順番を間違えてしまいました」と正直に頭を下げました。相手はプッと笑って「そんなに緊張するな」。不可抗力とわかれば許してもらえます。

私の仕事は、考える際の材料だしのための質問をすることと前提条件の擦り合わせです。会社が進みたい方向を理解していないまま、担当者が見えているところだけで突き進むと、会社の目指すところからズレてしまう。

経営は変わるものだし、今も変え続けている。今もまだ自信はない。毎日が正念場。

一般的に販売機会を重視して多めに生産すれば、リターンが見込めるかわりに、不良在庫を抱えるリスクも高くなります。かといって生産量を絞れば販売機会のロスにつながり、リターンも減ります。妥当な生産量を決める前にはテストマーケティングを行い、結果を見てから生産量を調整すれば、販売機会のロスや不良在庫といったリスクを軽減できます。実際にサンリオは直営店でテスト販売を行ってからキャラクター商品の生産量を決め、効率よくフランチャイジーに展開しています。

経費というのは単純に言ってしまえば、そのまま利益です。2億円のコストを削減すればこれは、そのまま2億円が真水の利益となります。

ページの先頭へ