細谷功の名言|思考の後戻りや無駄を減らす3つの思考法

このエントリーをはてなブックマークに追加

思考の後戻りや無駄を減らすには、「結論から考える」「全体から考える」「単純に考える」の3つを習得するのが一番でしょう。これができるようになると、仕事の生産性は圧倒的に上がります。


細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司と正面切って対話することは、非常に大切です。そのときはもう胸元に突っ込んでいく。とはいえ、上司を傷つけないように気を付けるべきです。

阿吽の呼吸で回る社会には、同調圧力が強いという弊害もあります。尖っていておもしろい若者がつぶされて世に出にくくなるから、僕はあまりいいことだと思わない。

私自身、一人の人間のプライドなんてぜんぜん大したことはないと思ってきました。だから様々な人とつながりが生まれ、理論科学や最先端技術の動きに接することができたのです。プライドを上回る好奇心があったことが私の原点と言えます。

老人も、若い人たちに面倒をみてもらうばかりでなく、自ら生きがいを見いだす努力をしなければなりません。私は若い人たちと手を携えて、前に進みたい。

そもそも、「時間がないから部下を育成できない」という考え方が間違っています。忙しいからこそ、早く部下を育てて、自分の仕事を少しでも部下に担ってもらう。このように発想を逆転させる必要があります。

ひ弱で小さいオスと、ケンカの強い大きなオス。どちらが子孫をより多く残せると思いますか。この場合の正解は「それだけでは分からない」です。環境によって答えは変わる。

ファッション業界では常識になっている「100のアイテムの中で、いくつかヒットが出て、全体として利益が出れば良い」という発想は、当社にはありません。良いモノだけを売って、その中に一瞬で売り切れた商品があっても再生産はしないのです。

ページの先頭へ