細谷功の名言|思考の後戻りや無駄を減らす3つの思考法

思考の後戻りや無駄を減らすには、「結論から考える」「全体から考える」「単純に考える」の3つを習得するのが一番でしょう。これができるようになると、仕事の生産性は圧倒的に上がります。

細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いまでも孤独だなあと感じる夜はあります。でもベッドの中で孤独な自分と向き合う時間は大切。その葛藤を経て自分が決めるからこそ自由を得られる。

野口健の名言|孤独な自分と向き合う時間は大切


私はもともと、それほど本を読む方ではありません。それでも、会社を立ち上げた際、なかば仕方なく最先端のビジネス書を読み、世の中のトレンドをつかもうとしたのですが、難しくて頭に入りませんでした。そこで読み始めたのが歴史小説でした。歴史という流れの中に、時代を超えた、普遍の考え方を見出し、経営に役立てられればと考えたのです。

安田佳生の名言・格言|歴史小説はビジネスの役に立つ


50代に向けて自己プロデュースをどう「仕上げ」ていくか、というのが40代に入った現在の課題だと感じています。

川越達也の名言|10年後を意識して仕事することが大切


現在の課題は売場の人手不足と働き方改革です。結婚して子育てをし、人手不足の中で働き方と生活を両立させることに取り組まないと本当にいいサービスは提供できない。今までも営業時間の見直し、休館日の導入、会議時間の短縮、デジタル化などを進めてきました。これをもっと浸透させていこうと考えています。

森本雄司の名言|人手不足の中で働き方と生活を両立させることに取り組まないと本当にいいサービスは提供できない


誰かがミスをして、その代わりに自分に大事な仕事が回ってきたとする。それ自体は、「タナボタ」でしかないけれど、どうせ「誰かの代役」と思うか、「チャンス」ととらえるかで結果も変わってくる。

織田裕二の名言|どうせ「誰かの代役」と思うか、「チャンス」ととらえるかで結果も変わってくる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ