細谷功の名言|全体から考えることはコミュニケーションを円滑化し仕事を効率化させる

全体から考えるというのは、自分の思い込みを極力排除し、課題を俯瞰して客観的に把握することでもあります。これができると、コミュニケーションの誤解や食い違いが激減し、仕事の効率も格段に上がります。

細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

本当によく知っているのは現場の従業員だけである。もし彼らが知っていることを聞き出さなければ、いずれ会社は大変なことになる。

意外に忘れやすいのが他者に評価してもらうことです。自分では慎重なタイプだと思っていても、他人からは軽率と評価されていることもあります。その場合、他者の評価の方が大事です。自己評価と他者評価に落差がある人ほど、自分のことがわかっていないのです。

ミーティングの申し入れは秘書の段階では全部受けます。「どんなに忙しくてもスケジュールがいっぱいですと答えるな。逆に、どんなに時間が空いていてもそのまま伝えるな」がルールです。プライオリティ(優先順位)は私にしかわからないので、最終的に私が取捨選択するためです。その決定を、毎日1から2回行っています。

共演者の方と雑談するくらいで、テレビ収録の待ち時間などで仕事はしていません。時間が空くとすかさずノートパソコンを取り出す文化人の方もいらっしゃいますが。弁護士の仕事は事務所のデスクでしかやらないと決めているんですよ。外には持ち出しません。逆に事務所での勤務時間中にドラマの台本を覚えるといったこともしません。また、家には仕事は一切持ち込みません。

化学はすべての産業の源を生み出すと、私は信じています。それほどに裾野が広く、どんなものにも化けることができる。つまり、化学会社はこれからも世界で戦っていける。

あなたの心に、確固とした目標を定めることです。そして、その目標に向けて行動を起こしましょう。あなたは、そのときどきに応じた行動をとるでしょうが、心が正しい方向を見定めていれば、間違いを犯すことはしないはずです。

どんな大企業も同じですが、企業の強さを決めるのは何より、社員の「意識」です。「より良い製品・サービスを作ろう」「課題を一つでも解決しよう」「簡単には諦めない」という。

リーダーは人前でうまく話す必要がありますが、最初から上手な人は少ない。やはり場数を踏むのが一番。最初は及び腰だった人も、今では皆、堂々と上手に話せるようになりました。このように、社員に人前で話す訓練ができる場を与えることも、会社の重要な役目だと考えています。

開発会議では、出た様々な意見をできるだけ商品に取り入れようとします。そうして多くの人々に配慮した結果、最終的に折衷案のような無難な商品が出来上がります。それは他社の売れ筋をマネたような、新規性のない商品であることが多い。

多くの人が勘違いしているのは、スピードの概念。スピードとは、瞬間的に「速く」動くことだと思っている人が多いけど、本当に大事なのは「早く始める」こと。そのほうが仕事は早く片づく。

ページの先頭へ