細谷功の名言|全体から考えることはコミュニケーションを円滑化し仕事を効率化させる

全体から考えるというのは、自分の思い込みを極力排除し、課題を俯瞰して客観的に把握することでもあります。これができると、コミュニケーションの誤解や食い違いが激減し、仕事の効率も格段に上がります。

細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私達の紹介で就業派遣先が決まった方々はダイヤモンドを超えるほどの輝きを放つ笑顔を返してくれます。この喜びを共有することこそが我々の仕事のやり甲斐であると思っています。

佐藤榮治の名言|喜びを共有することこそが我々の仕事のやり甲斐


長い年月をかけ良い物を作れば売れるだろうという仮説はあっても、実際、最後はお客さまが決めるものです。お客さまのニーズを抽出するのは非常に難しい。

堀義貴の名言|最後はお客さまが決める


ライバルがいない人生は、島影さえ見えない大海のただなかにポツンと浮かぶ舟のようなものだ。進んでいるのか、後退しているのかさえわからぬ頼りない人生。それはおそらく味気のない人生だと思う。

藤本義一の名言|ライバルのいない人生は味気ない


同じ商品でも、新しい飲み方を提案すれば、需要を掘り起こせる。

泉谷直木の名言|同じ商品でも、新しい飲み方を提案すれば、需要を掘り起こせる


添加物だらけのものを出して日本酒と呼べるのか。酒造りをやっている今でも、自分がやっていることの本質はジャーナリスト時代と変わらない。

佐藤祐輔の名言|酒造りをやっている今でも、自分がやっていることの本質はジャーナリスト時代と変わらない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ