細谷功の名言|目的を明確化することの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな仕事をするときでも、「この仕事の目的=ゴールは何だ?」「それって、本当に目的か?」と繰り返し自問するようにしています。たとえば会議のときでも、なんとなく始めないで、まず「今日の会議の目的は何か」と考える。それで、「今日は○○のレビューをすることだ」と思ったら、すかさず「それって本当に目的か?」と自問します。すると、「○○のレビューをする行為自体がゴールではない。メンバー全員の意思統一が図れた状態にすることこそが、今日の目標着地点だ」といったことに気づくのです。


細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

目先の短期的利益や会社が求めるスペックに自分を合わせるだけではいけない。受け身ではなく、将来行ありたい、こうあるべきという姿を描く。そして実現するために困難な壁にもぶち当たっていく精神力が必要だ。

ファンの人達というのは、会社がうまくいった時は喜んでくれ、下がった時も一緒に頑張ろうと思える人達だと思います。そういう人たちとやっていくほうが、誰のために頑張っているのかわかりやすく、私達も頑張り甲斐があります。

生保という事業の使命は何かといえば、やはり長期的にしっかりとお客様を守り続ける、支え続けるということ。

人望を備える人間でなければ、職務を全うできない。人望のない人が長につくと、その組織が腐ってしまう。

大きな契約で他社と競っているときには、担当の部門長や部長を呼んで質問します。客先や競合の状況を推測すると、丸紅のポジションはどうか、お客様はどこまで丸紅に期待しているのか、この案件は本当に勝てるのか等々、かなりしつこく聞きます。すると、ときには「これは言葉とは違った何かが起きているな」「自信がないようだ。この入札には勝てそうもないな」ということがわかるのです。

皆が不可能だと思うことを敢えてやる。この発想がイノベーションを生み出すための源泉。

ビジネス英語では、話すときにセンテンスをできるだけ短くし、大きな声でゆっくり、ハッキリ発音するのが最大のポイントです。オバマ大統領の就任演説がいいお手本です。

ページの先頭へ