細谷功の名言|目的を明確化することの重要性

どんな仕事をするときでも、「この仕事の目的=ゴールは何だ?」「それって、本当に目的か?」と繰り返し自問するようにしています。たとえば会議のときでも、なんとなく始めないで、まず「今日の会議の目的は何か」と考える。それで、「今日は○○のレビューをすることだ」と思ったら、すかさず「それって本当に目的か?」と自問します。すると、「○○のレビューをする行為自体がゴールではない。メンバー全員の意思統一が図れた状態にすることこそが、今日の目標着地点だ」といったことに気づくのです。

細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

たとえ99パーセントの人が無理だと思うようなことでも、平然と「できる!」と思える人はできちゃうんです。

敵に先手をとられたときと、自分から先手をとって敵にしかけたときとでは、倍も違うものである。

記憶力の差は習慣の差。記憶力を鍛えることは、繰り返し覚えたり、覚えたことを外に出したりする習慣を身につけることだと言えます。

生き残るには常に市場の成長エンジンを見つけて、他社よりも速く走らなければなりません。

ビジネスで大事なことは、スピード、笑顔、誠実信用、そして安全性。

自分を変えるというと、今の自分を否定することのように考えられがちですが、それは間違いです。自分にできることを無我夢中でやることが、自分を変えていくのです。

趣味を継続していくエネルギーは好奇心でしょう。凝り性の私は、ヨットに没頭すると、ディーゼルエンジンの構造を勉強し、ヨットにまつわる道具の発達史を研究したりもしました。さらに、GPSなどなかった昔の航海に思いを馳せ、海図を読み、方位も観測できるようになろうと思ったものです。すると、天文学や気象学にも興味がわき、これはこれで奥が深い。つまり、趣味が核になり、いろんな分野を知ることができました。こうして仕込んだ知識は、様々なことに応用しています。

女優と会社員をやっていると、女優として学んだことを会社員生活に適用でき、その逆もできる。

私自身も様々な方からご指導をいただいて、今日を迎えることができた。

いつも考え続けているからこそ、商品開発など新しいアイデアが生まれてくる。

ページの先頭へ