スティーブ・ジョブズの名言|今日を人生最後の日として考えることの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ズボラな面も多分にある私も、大型の投資案件に関して決定するような戦闘モードに入ると、生活がガラリと変わる。睡眠時間は2から3時間に激減する。頭が回転し始めて弾みがつくと止まらない。

入社の決め手だった緑化事業配属がかなわず、もう1つの柱である建材事業の東京営業に配属されました。本社のある大阪と違って、東京は人員が少なく、先輩社員も私に仕事を教える余裕がない……。でも逆に、とにかく1人でやってみろ、という部署だったことが私にはよかった。前例が分からないから、とにかくいろいろ試しながら営業をしていくうちに、どんどん自分なりのノウハウを得ることができた。社内の最優秀新人賞を受賞して、2年目も成績を伸ばしました。

海外販売会社の資産は、「ヒト」「在庫」「売掛金」の3つに絞られる。特に、どれほど古い商品の在庫を抱えているか、売掛金の支払い遅延は発生していないかどうか。この2つは、新興国で生き残る上で欠かせない指標になります。

「理念」という難しい言葉はいりません。「こうなったらいいよれ」ということをみんなが分かるように示すこと。それが、ぼくが今考える「ちょっとアホ」なことであり、常識にとらわれることなくいい会社をつくるのに、必要なことだと思っています。

ベンチャーを始める際に重視する3つのポイント。

  1. 向こう10~15年伸び続けられる成長性があるか。
  2. 投資を3~5年で回収できるだけの利益を出せそうか。
  3. その事業が世のため人のためになるのか。

たまたま出会うチャンスがあったものとの縁を大事にすることが大切です。人生で自分が出会えることは無限にあるわけではないんですから、何かの縁で出会ったことや人に対して、真心を持って接するのです。

たくさん考えた企画がすべて当たるなんてことはありません。でも、場数を踏めば、失敗から学ぶことも増える。

ページの先頭へ