スティーブ・ジョブズの名言|今日を人生最後の日として考えることの重要性

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネスのテーマになり得るダイヤの原石は、妻との日常会話から発見することがほとんどです。コツは、「子供の頃は何に夢中だったの?」「どんな映画や小説が好きなの?」、あるいは買い物に行ったときに「なんでそれを買うの?」といったように、妻の趣味嗜好を引き出す問いかけです。

プロは決められた状況でやり尽くす。たとえ、年齢でフィジカル面が落ちても、それを感じさせたら負け。

41歳でBMWに入社し、一生懸命働きました。結果、入社の翌年にはいきなり社内2位の売上を達成し、その後は5年間トップセールスを続けました。それに伴い、肩書きもどんどん上がりました。入社1年目に主任となり、1年ごとに係長、販売課長、営業課長とステップアップし、6年目でBMW初の女性支店長を任されました。これは男性でも前例がないほどのスピード出世です。「40代ではもう先がない」と思い込んでいる人もいるのかもしれませんが、目の前のことを懸命にやって成果を出せば、ポジションや役割はあとからついてくるということでしょう。

不況のときにどう過ごすかで、他社との差が出ると私は思います。不況とは動く時期であり、じっとしていてはダメなんです。なぜなら、好況と不況は必ず交互にやってくるからで、不況のときには、次に来る好況のために準備をする。

海外では、発言しない人は存在しないことと同じ。

大化けするダイヤの原石を見つけたり、「通」になったりするには定点観測が欠かせません。日頃から「普通のもの(状態)」に目を通しているからこそ、特異なものも目に留まるようになる。成果を出している人は、あなたの知らぬ間に定点観測を地道に続けています。

古典を読んで内容が難しいと思ったら、本棚に積んでおくだけでも十分です。いま内容を理解できなくても、10年、20年後、自分の置かれた状況が変わることで、突然、合点が行くことがあります。幸い、古典は時間を経ても腐りません。読みたくなったときはすぐに手に取れるよう自分の本棚に常備しておくことが大切です。

人生で必要なものは無知と信頼だ。これらがあれば成功は保証される。

20代や30代は、政治担当の記者として国会や首相官邸などの取材先を飛び回る毎日でした。ところが40代が近づくと、今度は後輩の記者を現場に送り出すマネジメントの立場に変わりました。自分の仕事だけでなくチーム全体で成果を出すことが求められるようになったのです。その意味で、40代は自分に求められるスキルが変化した時期だったと思います。

社長には公私の区別はありません。店舗は24時間動いていて、私も常に経営のことを考えています。ゆっくりしていれば、無になれるわけでもありません。いまはまだ修行の時期です。

新しいことにチャレンジすれば、それだけで失敗はつき物である。途中のチャレンジ結果の失敗は、最終的な失敗ではない。問題は挑戦した結果の失敗を直視し共有する勇気と、改革の機会とタイミングを逃がさないこと。そしてそこから何かを学び取り、最後まで成功を信じ諦めないこと。起業家精神の最も重要な要素だろう。

「これいいなぁ、やってみよう」とパッと考えただけで行動に移しても、成功する確率はすごく低いと思いますね。ビジネスって、そんなに簡単なものではないでしょう。僕は、あらゆる側面から精査したうえで事業を興しているので、すぐに結果が出なくても不安はありません。

人間は進化を繰り返しながら、成長してきた生き物です。誰かの何かへの挑戦が、必ず次の進化を呼び込む。

ページの先頭へ