スティーブ・ジョブズの名言|今日を人生最後の日として考えることの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

成功を重ねることは、自信につながり、失敗を経験することは、謙虚さにつながる。この「自信と謙虚さ」は表裏の関係であるが、ともにリーダーにとって不可欠な要素である。自分に自信がないと、それを隠そうと傲慢に振舞ったり、あるいは知らないことに知ったかぶりをする。すると、気づかないうちに偉そうな態度で人と接してしまう。これでは決して、部下から信頼されるリーダーにはなれないだろう。

経営者は結果を出してナンボ。そのために組織の力を高めることが非常に大事。

消費者は見ていますよ。どこが真剣に消費者のことを考えていて、どこが真似しているだけなのかを。

「あの人は自分のことをわかってくれない」とか、「せっかくいい提案をしているのに、うちの上司は無理解だ」と思うようなことがあれば、一度とらわれず、人を見て法を説いているかどうか、静かに考えてみることも大切だと思います。

40歳前までぐらいは全部おれがおれがでいい。でも課長、部長になったら、自分の下や同僚や会社のことを考えられる人と、自分しか考えられない人の差が出る。自分以外のことを考える余裕を持った人間になってほしい。

評価も人事異動も自分の思うようにはなりません。しかし、同じ会社員でも、「都合の良い歯車」になるのか、「その人にしかできない仕事がある人材」になるのかでは、充実度が変わってきます。社外に頼れる人脈を作ることは、そういう人材になるためのチャンス。

僕はむしろ自分がリーダーになりたいというよりは、リーダーのサポートをしたいんですよね。自分が前面に出ていくのはもともと苦手なんです。ポジション柄、自分がやらないといけない場合はやります。ただ、別にリーダーがいて、そのリーダーシップに殉じて行動していくほうが痺れます。実は誰からも日の目を見ない、裏方が好きですね。

昔はこの人間社会に特別な秘訣がありませんでしたね。自己をあるがままにさらけ出し、相互に信頼を勝ち取る。あとは各論の問題ですからね。

神様はもっとわかりやすい啓示を与えてくれるべきだ。例えばスイス銀行にぼく宛てにお金を振り込んでおくとかさ。

研修をうまく活用すれば、企業が直面している課題が何なのかを、トップから一般社員まで全社員で共有し、さらに解決のための考え方や姿勢、知識や情報、技術などを、すみやかに組織全体に行き渡らせることが可能になります。

ページの先頭へ