スティーブ・ジョブズの名言|今日を人生最後の日として考えることの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕の30代の初めと終わりを比べると、たしかに劇的な変化といえるかもしれません。しかし僕は、変わったのは自分ではなく、世の中の方だと思います。なにしろ、以前は1円ももらえなかった原稿で生活できるようになり、テレビにまで出るようになったのですから。30代を通して、変わらずに好きな道を追究したからこそ、いまの僕があるのです。

信頼を失った傷が、完全に癒えることはありません。そのことを胸に刻み、改善を続けていく。そんな思いを社員と共有し、新たなオリンパスをお見せしたい。

私は社長時代に選択と集中という言葉はあまり使わず、「強いものをより強く」を口癖にしてきました。こうすればこう脱皮できる、こう飛躍できるという視点で技術を深掘りし、事業を大きくすることによって新たなチャンスが生まれます。その結果として、新しく事業を起こすもの、撤退するものの選別も、よりハッキリしてきたわけです。

私は証券会社の人のコメントは適当にしか聞いていません。所詮、株を買わせるための話ですから。

新市場を創造するときと、他社が参入してきたあとの需要拡大のときでは、商品に持たせる機能やブランド、売り出し方について全く異なる視点が必要です。新市場を創造する際は、その商品自体がお客様の不満を解消するモノであるはずなので、商品の魅力は訴求しやすい。ただ、競合の参入で市場に競争が生まれると、類似商品とは異なる魅力を消費者に伝える必要があります。

たくさん本を読んでいると、視野が広がる。視野が広がれば、総合的な判断ができるようになる。

以前、ある店だけ新商品の売れ行きが悪いことがありました。いくら購買履歴を分析しても、その理由が分かりません。そこで店に行ってみると、パートの従業員が面倒くさがってPOP広告を貼る作業を怠っていたことが分かりました。「データ」の中に答えを求める癖がついてしまい、「店」という現場を見ることを疎かにしていたのです。

ページの先頭へ