高島宏平の名言|マッキンゼーで身につけた財産

このエントリーをはてなブックマークに追加

いま自分が何の問題に答えを出すべきなのか、何をしたらいいのかを明確にできるスキルをマッキンゼーで身につけたことは大きな財産です。


高島宏平(髙島宏平) の経歴

高島宏平、髙島宏平、たかしま・こうへい。日本の起業家。ネットスーパーのオイシックス創業者。神奈川県出身。東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻修了後、外資系コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。東京オフィスでEコマースメンバーとして活躍。その後退社し、オイシックスを創業。そのほか、リクルートとの合弁会社ごちまる社長、NPO法人TABLE FOR TWO Internationalの理事、一般財団法人教育支援グローバル基金発起人・代表理事などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

米国は格差社会ですが、米国の低所得の人たちが必ずしも不幸なわけではありません。地方に行けば、仕事はほどほどにしつつ、家族や友達との交流や趣味を大切にしながら楽しく生きている人がたくさんいます。彼らは幸せの基準をお金には置いていません。日本人だって、そういう生き方に転換すれば良いのです。

(映画の)過去と未来を考えながら、今を捉える。その先の、「未来」はどうあるべきか。それを考えていく責任があると思っています。

月一回、社長メッセージを日本や世界各地にある事業場・現地法人に配信していますが、これに対する感想や要望が世界中から私のアドレスに入ってくる。これも全て目を通します。一度、ある事業場の社員から「医療機器メーカーなのだから全社禁煙にしたら」という要望が来て、直接、その事業場を訪ねて当人の話を聞きに行ったことがあります。どんな問い合わせであっても黙殺することはありません。要望や意見に対してはメールで返信をしたり、可能であれば、できるだけ直接会う機会をつくります。

自分だけでなく仲間の利益を大切にすること。受け取るよりも多く相手に与えること。それが幸福になる唯一の道だ。

デメリットのあるところに、ビジネスのチャンスがある。

若いときに金儲けなんか考えるのは、ロクなものにならない。金儲けを目的にしたら、多少のことならと悪いことをしてでも金を儲けたいと思ってしまうものです。これは人間の本性です。金を追っかけてはいけない。

毎週1回、各営業所から600人以上の全社員が本社に集まって朝礼をしています。私も話をしますが、8割は社員の発表の場です。3カ月に1回は、ホテルで業績が優秀だった社員の表彰式も開いています。また、入社式には、全社員が集まるようにしています。「今どき、なんでそんなムダなことを?」と思われるでしょう。確かに、時間も経費もかかります。もともと、私自身、合理的な人間なので、そういう考え方はわかります。でも、あえてやるのです。なぜなら、結局、人間は自分が頑張ったことを褒めてもらえる場が欲しいし、自己表現できる場を必要としている。つまり、「ハレの場」です。それが仕事のモチベーションを高めるためには大事。だから、全社員が集まる場を重視しているのです。

ページの先頭へ