マーク・ザッカーバーグの名言|やりたいことは世界をより良い方向に変えていくこと

僕がやりたいのは会社を経営することではありません。世界をより良い方向に変えていくことです。フェイスブックはその手段です。

マーク・ザッカーバーグ の経歴

マーク・ザッカーバーグ、マーク・エリオット・ザッカーバーグ。アメリカの起業家、プログラマ。SNSサービスのFacebook(フェイスブック)創業者。米国ニューヨーク州出身。高校時代友人のアダム・ダンジェロ(のちにFacebookでCTO(最高技術責任者)を務める)とともに「Synapse Media Player」を製作。ハーバード大学在学中に「Coursematch(コースマッチ)」「Facemash.com(フェイスマシュ.com)」「Hot or Not」など、同大学生を対象としたサービスを立ち上げる。しかし、大学側からこれらのサービスを停止させられてしまう。その後、Facebookを開設し、一年間の休学を経て、同大学を中退した。2010年のTime誌「Person Of The Year」に選ばれた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「週刊こどもニュース」で痛感したのは、かいつまんで説明することの難しさ。話す本人が全体像を掴んでいなければ語れません。断片的なニュースを集めて、中途半端な理解で解説しても、子供たちは「?」を顔に浮かべたままでした。

池上彰の名言|かいつまんで説明することは難しい


大事なのはお「客様の立場に立つ」ということです。「お客様のため」ではありません。それでは自分が一番ということになってしまう。一番はあくまでお客様、自分は二番なのです。

宮嶋宏幸の名言|一番はあくまでお客様、自分は二番目


僕の考える最終形は、建設機械一台あればそこにうちのお客さんの生産管理情報が全部入り込んでしまう姿にあります。それが実現すれば、これはもう完全に生産計画から、管理、実績、作業指示まで、すべてそこでオペレーションが済んでしまう時代が来るかもしれません。

野路國夫の名言・格言|自社製品の最終形を明確にする


企業というものに完成はない。常に成長を続けていく存在。企業は常に途中経過であり、気を抜けばあっという間に転げ落ちる。

宮内義彦の名言|企業というものに完成はない


朝食にはカレーをお勧めしています。朝はなるべく新陳代謝を上げるものを食べたほうがいい。スパイスは交感神経を刺激し、新陳代謝を活発にするので、カテコラミンも生成しやすくなります。カレーはいろんな野菜が入っているから食物繊維もたっぷりですし、スパイスが利いているので、塩分も意外と少なくて済みます。しかも作り置きができ、食器を洗うのも、お皿一枚なので簡単。忙しい朝にはもってこいなのです。

丁宗鐵の名言|朝食にはカレーがおすすめ


私も入社したてのころは他律的なところがありました。つまらない仕事だけど、やれといわれたからやってます、というような。あまりにもいい加減に仕事をしていたので。最近知ったことなのですが、新人のときの人事考課は45点だったそうです(笑)。

松沢幸一の名言|他律的だった新人時代


自動化や可視化を追求した「スマートロジスティクス」が当社の強み。ここで重要なのは、既存の作業を機械やITに置き換えるという従来の考えから脱すること。すべてを自動化したときに人にしかできないことは何か。そうした発想の転換が求められている。

中谷康夫の名言|作業を自動化するときに必要なこと


お金持ちは何より信用を大事にします。どうしたら信用してもらえるか、そこがすべての行動基準となっているといってもいいほど。信用を培えばお金は後からついてくる。これは私の経験からつかんだ真理です。

菅井敏之の名言|信用を培えばお金は後からついてくる


医者を辞めてからは自分で営業を行いましたが、良い経験になりました。そのおかげで今があると思っています。医者だった時は、ビジネスに携わることは全くありませんでしたから。

矢﨑雄一郎の名言|自分で営業をしたのは、良い経験になった


僕たちは岡山市や岡山県と直接ジョイントし、自治体と我々とが所有する資産の力で、人の流れを増やし、地方創生を試みようとしています。今回の取り組みは、社員教育の格好の場になることにも気づきました。僕たちの取り組みを簡単に言うと「地域貢献」。社員たちがボランティアとして参加できれば、地方創生の最新ビジネスを、肌で感じられる。「岡山の発展に貢献している企業の社員」という自覚に加えて、クリエーティブな刺激、地域経済というミクロの視点、さらに新しいビジネスのヒントも得られる。

石川康晴の名言|地方創生に参加することは社員教育の格好の場


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ