マーク・ザッカーバーグの名言|やりたいことは世界をより良い方向に変えていくこと

僕がやりたいのは会社を経営することではありません。世界をより良い方向に変えていくことです。フェイスブックはその手段です。

マーク・ザッカーバーグ の経歴

マーク・ザッカーバーグ、マーク・エリオット・ザッカーバーグ。アメリカの起業家、プログラマ。SNSサービスのFacebook(フェイスブック)創業者。米国ニューヨーク州出身。高校時代友人のアダム・ダンジェロ(のちにFacebookでCTO(最高技術責任者)を務める)とともに「Synapse Media Player」を製作。ハーバード大学在学中に「Coursematch(コースマッチ)」「Facemash.com(フェイスマシュ.com)」「Hot or Not」など、同大学生を対象としたサービスを立ち上げる。しかし、大学側からこれらのサービスを停止させられてしまう。その後、Facebookを開設し、一年間の休学を経て、同大学を中退した。2010年のTime誌「Person Of The Year」に選ばれた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社を立ち上げて3年目。1か月に22回徹夜して働き続けたことがあります(仮眠はしましたが)。身体に悪いことはわかっていましたが、ブレーキが利かない状態でした。この話をすると、「すごい努力家ですね」と言われることがあります。でも、努力という言葉には違和感があります。徹夜で何日も働いたのは、ただ仕事に熱中してただけです。自分では、努力していたつもりが全然ないんです。

杉村太郎の名言|熱中すると苦も無く長時間働ける


指示されたことを完ぺきにこなす社員が何人いても、仕事を生み出す人間がいないと会社は成長できません。働きがいのある場を与えて、優秀な人材の力を見事に引き出す。これこそが人を集める決め手なのです。

安田佳生の名言・格言|仕事を生み出す人間に働きがいのある場を与える


長崎県で学び、働く若者を支援することは、ひいては地域に根差して活動している私たちのビジネスの強化につながる。長期的視点に立てば、優秀な若者が定着して長崎に活力が生まれれば、おのずと地域に人が集まるようになります。そうなったとき、結果的に私たちのオフィスにもそれが採用という形で還元されると考えています。

西浦正親の名言|若者を支援するメリット


20世紀は大量生産型の時代だった。しかし、21世紀は小ぶりでも独自性のある企業が生き残る。

矢ヶ﨑健一郎の名言|小ぶりでも独自性のある企業が生き残る


言葉の力が強いだけに、禁句というのもある。「妥協、限界、満足」や。「この程度でいいや」「そろそろ限界だ」「もう十分だな」。そんな風に自分の器を小さく見積もるようなことばかり言っている奴は、本当に小さな器になる。自分の言葉で、自分の成長を止めているようなものなんだよ。

野村克也の名言|自分の器を小さく見積もるようなことばかり言っている奴は、本当に小さな器になる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ