午堂登紀雄の名言|日ごろの気遣いの重要性

謙虚な気持ちを忘れないこと。たとえ、何かをしてもらったら、必ずお礼を言う。自分の手柄にしないで、先輩や上司を立てる。当たり前といえば当たり前ですが、日ごろの仕事の中でこうした気遣いひとつあるかないかで、周囲の反応はまったく違ってくるはずです。

午堂登紀雄 の経歴

午堂登紀雄、ごどう・ときお。日本の投資コンサルタント。岡山県出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、都内の会計事務所を経てミニストップへ入社。直営店店長、スーパーバイザー、本部のマーケティング担当として勤務し、優秀社員賞を受賞。その後、コンサルティングファームのアーサー・D・リトルで経営コンサルタントをしながら不動産投資を始める。1年で3億円の資産を形成した。その後独立し、投資やビジネスをしながらお金について教えている。主な著書に『お金の才能』『お金がいままでの10倍速く貯まる法』『やる気がなくてどうしようもない僕を救ってくれる本』『世界で戦える自分をつくる5つの才能』『年収3000万円を生み出すコア学習法』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の中に課題を持っていれば、何を見てもヒントになるし、商売につながる。見るもの、聞くもの、すべてが商売の発想につながるのだ。

鳥羽博道の名言・格言|何を見てもヒントになるし、商売につながる


部下がどれだけ売上げを上げられるかどうかを、上司は見ている。意識するしないにかかわらず、結局お金という物差しで相手を計っているんです。実際、仕事ができる人ほど、上司や部下、取引先など、ビジネス上の関係を、シビアにお金で換算する目を持っています。

佐藤優の名言|仕事ができる人ほど、上司や部下、取引先など、ビジネス上の関係を、シビアにお金で換算する目を持っている


特にビジネス現場では、とりあえず感情を排除して、伝えるべき事実を伝えることが重要だ。理想形は、新聞記事のような内容を、端的に話すこと。ただし記事を読み上げるだけなら、人工音声でもできる。人間が話す以上、もう少し柔軟性や応用力が欲しい。

齋藤孝の名言|ビジネス現場では、端的に事実を伝えることが重要


人前で話をしなければならない場合であれば、「思うように話す自信があるし、きっとみんなが興味深く私の話を聞いてくれる」と言い聞かせましょう。できれば、舞台で堂々と話をしている自分の姿や、それに聞き入る聴衆の様子、話し終って満足して自席に戻る自分の様子も思い描きます。これらの言葉や想像は強く自律神経系に働きかけ、体の反応を落ち着かせてくれ、思い描いた通りに落ち着いてリラックスした状況をつくりだすのです。

佐藤富雄の名言|スピーチ前に緊張しないようにするには


若い社員が一生懸命やっている。その仕事を見て芽が出るようにしてやるのがトップの責任だと思います。

佐治信忠の名言|若手の仕事を芽吹かせるのがトップの責任


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ