和田浩子の名言|ほかの人が「これくらいでいい」と考えるレベルでは満足しないことの大切さ

部下や外部の協力スタッフからは、「和田さんは厳しすぎる」と言われたことが幾度もあります。ほかの人が「これくらいでいい」と考えるレベルでは、私は満足しません。

和田浩子 の経歴

和田浩子、わだ・ひろこ。日本のマーケッター。大分県出身。大阪外国語大学英語学科卒業後、P&Gサンホーム社(のちのP&Gジャパン)に入社。女性初のマネジメントキャリアとしてマーケティング部でブランド育成に携わる。生理用品「ウィスパー」のトップブランド化、「バンテーン」「ヴィダルサスーン」などの立ち上げ、「パンパース」のブランド立て直しなどの実績を残した。ジェネラルマネジャーを経て、日本人初の米国本社副社長となる。その後、ダイソン日本支社代表、日本トイザらス社長などを経て、コンサルティング会社Office WaDaを設立。フォーチュン誌にて世界で一番パワフルなビジネスウーマン50傑(アメリカ除く)に選出された。主な著書に『P&G式世界が欲しがる人材の育て方 日本人初のヴァイスプレジデントはこうして生まれた』『すべては、消費者のために。P&Gのマ-ケティングで学んだこと』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今から109年前、「理想の会社を創ろう」とスタートしたのが住友生命です。100年以上にわたって、常に「理想の会社」を追い求めてきた歴史があるのですが、私たちも現代における「理想の会社」とはどういった会社なのかを突き詰めて考え、「あなたの未来を強くする」というメッセージのもとでブランド戦略に取り組んでいます。

橋本雅博の名言|「理想の会社」とはどういった会社なのかを突き詰めて考える


私の直属の上司だったコンサルタントは、ノウハウを惜しげもなく披露してくれました。理由を問うと、「知識も知恵も、一度人目に晒すとその瞬間から陳腐化が始まる。いつまでもそんなものに頼っていたら、企業様に喜ばれる仕事はできない。私は死ぬまで勉強を続け、新しい手法をつくり出していくから、ノウハウを見せることは惜しくも何ともない」と言われました。

笠鳥高男の名言|ノウハウを惜しげもなく披露する上司から学んだこと


習慣というのは、意志の力で身につけるものではありません。「やりたいこと」を「できる方法」で繰り返すからこそ長続きもするんです。

佐々木正悟の名言|「やりたいこと」を「できる方法」で繰り返すからこそ長続きする


お酒に頼ったり、愚痴を言ったりするのは、精神的疲労に良くありません。アルコールは質の良い眠りを阻害します。また愚痴ばかり口に出すのは、一種の洗脳に当たります。ネガティブな思考のクセがつき、疲れを助長させるでしょう。

西多昌規の名言|お酒や愚痴は精神的疲労に良くない


「経験を生かそう」とすればするほど、失敗する確率が高まる。ビジネスはそう簡単に過去の経験が生きるほど甘くはない。

藤田晋の名言|ビジネスはそう簡単に過去の経験が生きるほど甘くはない


多言なればしばしば窮す。

老子の名言|多言なればしばしば窮す。


会社の社長と、コミュニティデザイナーの仕事は少し似ています。会社組織=コミュニティが抱えている課題を抽出し、解決し、組織の力で自走できるまでマネジメントするのが社長の仕事でしょ。ただ、ひとつ違うのは、僕たちはあくまでリードする立場で、前面に立つリーダーになってはいけないということ。できるだけ早くその地域からいなくなるのが、この仕事の成功ですが、去る時は、いつだってさみしい。でも、地域のコミュニティにとって、それが一番幸せな結果なんです。

山崎亮の名言|社長とコミュニティデザイナーの共通点・相違点


お客様の信頼を勝ち取るために最も重要なことは、サービスの質の向上。安価でいいサービスを提供できるということで、これまでお客様の信頼を勝ち取ってきた。

石田克史の名言|お客様の信頼を勝ち取るために最も重要なことは、サービスの質の向上


職場仲間の多様な働き方を受け入れ、配慮することがダイバーシティ力を鍛える第一歩。

パク・ジョアン・スックチャの名言|ダイバーシティ力を鍛える第一歩


人がつくるものって、どこかでみんな感情移入できるので。本というのは、昔から人間がずーっとつくり続けてきたもの。そういう意味で、本はどこか人っぽい感じがして。そんなところもまた本の間白さなんですよね。

ヨシタケシンスケの名言|本はどこか人っぽい感じがする


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ