三森裕の名言|人材育成に投資する重要性

会社として人材育成を最重要課題として位置づけ、投資を行っています。その結果お客様のご支持をいただき、これだけの成果につながっているのだと思います。

三森裕 の経歴

三森裕、さんもり・ゆたか。日本の経営者。プルデンシャル生命保険社長。千葉県出身。獨協大学経済学部卒業後、外国車ディーラーのヤナセに入社。同社で全国トップクラスの営業実績を残す。ヤナセに約12年間勤務したのち、プルデンシャル生命保険に入社。支社長を歴任したのち、取締役、執行役員常務、執行役員専務などを経て、社長兼CEO(最高経営責任者)に就任した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人を育てる上で一番大事なのは、「わが社は何のためにあるのか。どのように経営していくのか」という哲学、すなわち経営理念を持つこと。これがあれば、経営者、役員、管理者はそれにもとづいた指導ができ、社員もそれに従って正しい判断ができるので、人が育ちやすくなります。

鑄方貞了の名言|人を育てる上で一番大事なこと


人から言われて教え込まれるのではなく、自分で気づいた選手のほうがはるかに伸びる。そのほうが自分で自分を伸ばす方法を考え続けるようになる。

工藤公康の名言|自分で気づいた選手のほうがはるかに伸びる


ビジネスの場における緊急ではない重要事項には、業務改善、マニュアル化、社内外のコミュニケーション強化、人材育成、自己啓発などがあるでしょう。これらは「未来への投資活動」と「問題を未然に防ぐ予防活動」と言い換えることができます。

小倉広の名言|緊急ではない重要事項は未来への投資と、問題を未然に防ぐ予防活動


僕は創業以来、あんぱんまん通信という名称で、社員にメッセージを書いています。自分の思いや考えをあえて直筆で書いて、ファックスで全支店に送っているんです。確かにメールで配信した方が早いですし、最近ではホームページでアップするようにもなってきましたけど、文字に人は出ますから、それってすごく大事だと思うんです。

平野岳史の名言 格言|手書きのファックスで社員とコミュニケーション


日本の企業形態そのものが根本の問題です。新卒後に就職した企業に定年まで勤め続ける人がほとんどのため、人材の流動性が見られません。そのため、新しいものの考え方や発想が出にくい。みんなが同じことを考え、同じことをしなければならない。チャレンジしても、その声は少数ゆえに消されてしまいます。

八城政基の名言・格言|日本の企業形態が新しい発想を邪魔している


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ