落合務の名言|自分がやりきったと思うまでは踏みとどまることが必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

いま大変な思いをしている人は、投げ出したり、逃げたくなったりすることもきっとあるでしょう。でも、自分がやりきったと思えるまでは、踏みとどまることも必要だと思うのです。たとえそのときは成功しなくても、逃げずにやりきったという経験があれば、また挑戦する自信もきっと湧いてくるはずです。


落合務 の経歴

落合務、おちあい・つとむ。日本のシェフ。神奈川生まれ、東京育ち。高校を中退し、憧れていた料理の世界に飛び込む。ホテルニューオータニで修業を積んだのち、フランス料理を学ぶために渡仏。帰途に立ち寄ったイタリアでイタリア料理に魅せられ、1年間の語学学習ののちイタリア各地のレストランで約3年修業をし帰国。東京赤坂のイタリアンレストラン「グラナータ」の料理長を務めたのち、銀座に「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」をオープンさせオーナーシェフとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

解決法を考えることは、新たな発見の糸口にもなります。

ウィルス対策ソフトは保険と同様に思われがちです。しかし、保険は加入していても加入していなくても事故や病気の確率は変わりませんが、ウィルス対策ソフトは導入していないと確実に感染します。これが決定的に違う点です。

会社が成長するときに最前線で戦うチャンスを与えてもらった。次世代にも、自分の20~30代の頃のように挑戦できる場を与えたい。

労働力をダンピングしないと利益が出ないとしたら、どこか構造的な間違いがあるはずです。

評価が高い人に共通しているのは、評価を「成長のツール」と見なしていることです。自分をより輝かせるための「チャンス」と考えて高く目標を定め、力を尽くす姿勢が大事です。

最終的には、お客さんの仕事を「見える化」してあげて、一緒になって生産性を高めます。そこまでやらないと、ダントツにはならないと思います。

次の柱になるような事業は、いろいろな取引先と話し合う中でしか気づけない。

小売業をターゲットにした理由の一つに、人手不足の問題があります。今後、生産人口が減っていったときに最も打撃を受けそうなのが、小売業や飲食業。私たちがその問題を解決できたら社会的意義も大きいと考えています。

ビジネスと日常、どちらの場においてもマナーとは、相手に対するリスペクトの気持ちの表れ。

自前で工場を持っていなければ、いまの値段で利益は出ませんね。

ページの先頭へ