落合務の名言|自分がやりきったと思うまでは踏みとどまることが必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

いま大変な思いをしている人は、投げ出したり、逃げたくなったりすることもきっとあるでしょう。でも、自分がやりきったと思えるまでは、踏みとどまることも必要だと思うのです。たとえそのときは成功しなくても、逃げずにやりきったという経験があれば、また挑戦する自信もきっと湧いてくるはずです。


落合務 の経歴

落合務、おちあい・つとむ。日本のシェフ。神奈川生まれ、東京育ち。高校を中退し、憧れていた料理の世界に飛び込む。ホテルニューオータニで修業を積んだのち、フランス料理を学ぶために渡仏。帰途に立ち寄ったイタリアでイタリア料理に魅せられ、1年間の語学学習ののちイタリア各地のレストランで約3年修業をし帰国。東京赤坂のイタリアンレストラン「グラナータ」の料理長を務めたのち、銀座に「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」をオープンさせオーナーシェフとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

店長に対して、その後のキャリアパスを明確に描いてもらえる仕組みをつくりました。これをキャリアパスのセカンドステージと呼んでいます。これまでは、店長から次に何を目指すべきか、はっきりと示していなかったからです。従来の人材育成の方針が、先の見えない「けもの道」を歩ませるものだとすれば、いまは「カーナビ型」、つまりどこに向かうべきかハッキリと示す育成法に変えました。こうして社員、スタッフのモチベーションを維持してもらえれば、と思っています。

本来、創業家出身のカリスマ経営者は夢と思われるような大きなビジョンを語っても絵になる。それは社内で絶大な権力を持っているため、大きなリスクがある案件であったとしても「私が責任をとる」というメッセージが伝わるからである。

流されてしまう人は、ある意味で真面目すぎるんです。まわりの期待に応えようとしているうちに、既存の価値観が刷り込まれ、それを自分の本心と勘違いしてしまう。でも、誰かから与えられた映像を頼りにしているうちは、そこに向かっていくパワーはなかなか湧いてこないですよ。

本当の学問というものは、血となって身体中を循環し、人体・人格をつくる。したがって、それを怠れば自ら面相・言語も卑しくなってくる。それが本当の学問であり、東洋哲学の醍醐味もまた、そういうところにあるわけであります。

世界で仕事をするには、自分でデータや知識を吸収し、自律的に判断する能力を養う必要があります。

勉強しようと思ったとき、いつどんな環境でもすぐに集中できるのであれば苦労はいりません。しかし、そうでない人の場合は、最初から勉強の妨げになりそうなものがない場所を確保しておくといいとおもいます。

大胆な発想や鋭い論理だけでは、人は寄ってきません。日常レベルの誠実さをこまめに実行することで、他者からの信用は徐々に積みあがっていきます。いつの時代の成功者も、他者への気配りをときとして苦しく感じるものの、肝に銘じて実行してきたのです。

ページの先頭へ