落合務の名言|まだ続けられるのに逃げたらカッコ悪い

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗して辞めるのはいい。でも、まだ店を続けられるのに逃げ出したらカッコ悪いじゃないですか。


落合務 の経歴

落合務、おちあい・つとむ。日本のシェフ。神奈川生まれ、東京育ち。高校を中退し、憧れていた料理の世界に飛び込む。ホテルニューオータニで修業を積んだのち、フランス料理を学ぶために渡仏。帰途に立ち寄ったイタリアでイタリア料理に魅せられ、1年間の語学学習ののちイタリア各地のレストランで約3年修業をし帰国。東京赤坂のイタリアンレストラン「グラナータ」の料理長を務めたのち、銀座に「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」をオープンさせオーナーシェフとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

太陽光パネル事業からは撤退しました。失敗は、イノベーションを起こすプロセスで生じる現実です。太陽光パネル事業は技術的には成功していましたが、経済的には持続性がありませんでした。

とにかく、ぬるま湯が良くない。経営トップは自らの組織内で常に刺激と緊張感を与え続けていく責任がある。

子供のころ、夏休みに1日のスケジュールを紙に書いたご経験はありますか。朝6時に起きて、それからラジオ体操に行って、7時から朝ごはんとか。基本的にはそれと同じことなのに、大人になるとなぜか行き当たりばったりで仕事をするようになります。それで上手くいく人もいますが、多くの人は「時間が足りない」と慌てだします。

ブランドの本質的な価値を大切にしながらも、時代の変化とお客様が求めるものの変化をいかにキャッチアップし、応じていくかが重要なテーマ。

人間は五感を使っていろんな情報を集めているが、その中で最も使うのは目だ。米国にはさまざまな人種がいて、英語が通じないこともあるので、資料を見せたり、視覚に訴えようとする。

あっという間の人生です。いま充実しているのであれば、それをエンジョイすればいい。クヨクヨしないこと。そもそも人生などどう転ぶか誰にもわからないのですから。

組織全体がフラットでオープンで、言いたいことが言える環境づくりにも力を注いでいます。風通しの悪い組織では、良い人材は育ちませんから。

ページの先頭へ