落合務の名言|苦しくても辞めなかった2つの理由

僕が初めてシェフを任されたグラナータがオープンした当時、僕が現地で学んできたイタリア料理はまったく受け入れてもらえませんでした。オーナーは「いつかわかってもらえる」と方針を曲げませんでした。「外国の料理なんだから、日本のものと違って当然だ」と言ってくれたのです。とはいえ、お客さんが入らなくてはどうしようもない。つらくて胃潰瘍を数回患いました。「もう辞めよう」と1日に100回は思っていました。でも辞めなかったのは、オーナーに対する恩義がひとつ。それとここで辞めてしまったら、きっと自分が駄目になってしまうと思ったからです。

落合務 の経歴

落合務、おちあい・つとむ。日本のシェフ。神奈川生まれ、東京育ち。高校を中退し、憧れていた料理の世界に飛び込む。ホテルニューオータニで修業を積んだのち、フランス料理を学ぶために渡仏。帰途に立ち寄ったイタリアでイタリア料理に魅せられ、1年間の語学学習ののちイタリア各地のレストランで約3年修業をし帰国。東京赤坂のイタリアンレストラン「グラナータ」の料理長を務めたのち、銀座に「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」をオープンさせオーナーシェフとなった。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

本当に重要なことは、一つひとつ積み上げていくこと。

山海嘉之の名言|本当に重要なことは、一つひとつ積み上げていくこと


つらいときはもちろんありますが、「練習しなければ勝てない」「強い選手はもっと頑張っているぞ」と自分に言い聞かせながらやっています。でも、「つらいこと」も実は好きなんですよ。練習しながら「つらい」と思うと、「でも、これが成績に、勝利につながるんだ」と思えば嬉しくなるし、やる気も出ます。

葛西紀明の名言|つらくても「これが成績に、勝利につながるんだ」と思えば嬉しくなるし、やる気も出る


最初は電話やメールでのやり取りにITを活用しようという発想でスタートしたのですが、結果として幅広い分野で課題解決が実現しました。クラウド上でダイレクトにやり取りすることにより、本部主導ではなく現場の声を取り入れた、市場起点の販促活動が可能になります。

松原秀樹の名言|クラウド上でダイレクトにやり取りすることにより、本部主導ではなく現場の声を取り入れた、市場起点の販促活動が可能になった


若いときは、「ちょっと違う」と撮影を止められて、悩んだこともありました。監督と演技プランのズレがあったり、共演者と上手く噛み合わなかったこともあります。そんなとき、譲れない部分があれば、徹底的に話し合いました。

役所広司の名言|譲れない部分があれば、徹底的に話し合う


地域社会の活性化なくして、企業の成長はない。

ティム・ブレットの名言|地域社会の活性化なくして、企業の成長はない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ