落合務の名言|苦しくても辞めなかった2つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕が初めてシェフを任されたグラナータがオープンした当時、僕が現地で学んできたイタリア料理はまったく受け入れてもらえませんでした。オーナーは「いつかわかってもらえる」と方針を曲げませんでした。「外国の料理なんだから、日本のものと違って当然だ」と言ってくれたのです。とはいえ、お客さんが入らなくてはどうしようもない。つらくて胃潰瘍を数回患いました。「もう辞めよう」と1日に100回は思っていました。でも辞めなかったのは、オーナーに対する恩義がひとつ。それとここで辞めてしまったら、きっと自分が駄目になってしまうと思ったからです。


落合務 の経歴

落合務、おちあい・つとむ。日本のシェフ。神奈川生まれ、東京育ち。高校を中退し、憧れていた料理の世界に飛び込む。ホテルニューオータニで修業を積んだのち、フランス料理を学ぶために渡仏。帰途に立ち寄ったイタリアでイタリア料理に魅せられ、1年間の語学学習ののちイタリア各地のレストランで約3年修業をし帰国。東京赤坂のイタリアンレストラン「グラナータ」の料理長を務めたのち、銀座に「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」をオープンさせオーナーシェフとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社には「エジソンファイル」というものがあります。エジソンの「私は実験において失敗など一度たりともしていない。これでは電球は光らないという発見を、2万回してきたのだ」という言葉をヒントに、過去のミスやトラブルを集めたファイルを、全社員がいつでも見られるようにしてあります。失敗することが悪ではなく、失敗を共有しないことが悪なのだと考えているからです。

ひとつ上の仕事をやれ。社員は主任、主任は課長の、課長は部長の、部長は役員の、それで初めて大きな仕事ができる。

提案が通らない時は大抵、企画の内容だけを熱心に説明していることが多い。内容は企画書を見れば分かります。それよりも、「この提案を採用すると、こんなメリットがありますよ」という、提案が相手にもたらす成果をアピールする方が、相手の気持ちを動かします。

どんなタイプの物語でも、いい作品には読者にページをめくらせるための“推進力”があります。それは多くが「問題と解決」という形をとっていると思うんです。そして問題解決が説得力を持つためには、クリアすべきハードルの質と量が重要です。

中間管理職は、効率的な時間の使い方が求められる一方、「最小限の労力で最大限の成果を出す」ことも求められます。そのためには、いかに「他人の力」を借りるかがポイントになります。他人の力を使って実力以上の成果を出す、いわば自分の仕事に「レバレッジをかける」のです。

相手が一番若い人でも耳を傾ける。そうしないと判断を誤ってしまいかねません。

日本にはまじめなフォロワー(追随者)たる人材は多いけれど、真の経営者・リーダーが少ない。だからこそ、これまでの経験、ノウハウを惜しみなく提供しながら、真のビジネスリーダーを育てる活動に注力したいと思っています。今、私がこの世に生かされている意味、ミッションをこれからも考え続けたい。

最近若手のビジネスパーソンからよく受ける質問は、「どのようにすれば問題解決能力を鍛えられますか?」っていうものである。一番簡単な答えは、「仕事において、みんなが解決しない(できない)問題を解決しようとすべし」というものだ。たとえ失敗しても問題解決能力は鍛えられる。

博打打ちの間ではよく、「謳うと運気の勝ちが抜ける」という。負け組だけですよ。勝ったの負けたの言いたがり、教えたがるのは。勝ってるやつほど正体をあからさまにしないもの。

お客様の有限な時間を使っていただくという意味においては、いろいろなものと競合しております。お客様の面白いと思うものの中でトップグループにいられるかどうかが問題。

ページの先頭へ