マルセ太郎の名言|隣り近所と競争するのではなく、遥か上の人と競争する

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本はしょうもない競争をやっています。誰かと比較したうえでの競争をやらせる。このクラスで誰が一番かと。この競争の最もいやらしいところは、必ず隣り近所を相手に競争させることです。遥かに超えた人間とは競争させないのです。


マルセ太郎 の経歴

マルセ太郎、まるせ・たろう。日本のパントマイム芸人、俳優、劇作家。大阪出身。高校卒業後上京。俳優座養成所の試験に落ちたのち、パントマイムに出会う。パントマイマー「マルセル・マルソー」にちなみマルセル・タロー(のちにマルセ太郎)の芸名でパントマイム芸人として活躍を開始。多くのファンを得た。主な著書に『芸人魂』『奇病の人』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

牛乳・乳製品の消費拡大のためスリー・ア・デイ運動(乳製品を1日3回か1日3品目とるという生活改善運動)を始めました。人にいいことを勧めるならば、まず自分たちでやろうということで、Jミルクでは職員全員が実践を始めました。そのうえで、業界関係者が自ら実践し、自分の体のためにもいいということを確認し、消費者に勧めているのです。

脳がちぎれるほど考えて、ハートを部下の百倍燃やして、最後は腹をくくる。そして自分の五感を使って現場を歩く。そういう仕事の仕方をしている限りは、そんなに大きくブレない。

あなたのビジネス哲学や目標を、あなたのビジネスパートナー候補は理解しているだろうか。彼らは、あなたを信頼し、尊敬し、あなたのビジョンを共有してくれているだろうか。彼らのビジネスルールや報告手続きは、明快で管理しやすいものだろうか。こうしたチェックは重要だ。パートナーシップや提携関係を最良のものにできれば双方に大きな勝利をもたらす可能性を秘めているのだから。

営業所内で上司との会話やコミュニケーション不足で疎外感を感じたり不満を募らせたりすることで、離職するスタッフは非常に多い。アナログなところをシステム化して、こうした状況を改善したい。作業を効率化することで、管理者にもっとスタッフと向き合う時間を増やしてもらいたい。

遊牧民はモノという指標がないから、他人と比べることがなく、すべて自分軸で行動している。これこそ究極の自己満足といえないだろうか。自己満足とは決して悪い意味ではなく、自分軸で、自分なりの幸せを感じるということである。
【覚書き|田崎氏は一時期仕事でモンゴルに赴任していて遊牧民と交流したことがあった】

会話が後ろ向きになりそうな場合は、プラスの面につながるような別の角度から質問することで、会話を楽しい方向に導くことができます。

経済産業省が主催した研究会で、トヨタ自動車の豊田章男社長に、「化学会社は自動車会社の奴隷だ。開発費は負担してくれないし、技術を取り上げられて終わるだけ。従属関係の解消をお願いしたい」と言いました。もちろん自動車会社への主張でしたが、業界や社内に向けてのメッセージでもありました。「下請け根性から脱して、素材が産業を引っ張るビジネスモデルを作っていこう」と。

ページの先頭へ