渋沢栄一の名言|地位と名誉を得たら慎みが必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

成功には嫉妬が伴い、成功者の多くは老獪(ろうかい)と目されやすい。地位と名誉には、それぞれ付随する慎みがあることを忘れてはならぬ。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

目的を深く考えずに、単に書くということをずっと続けて、そのノートをどう使うかは未来の自分に任せてしまえばいい。大事なのは毎日記録することなのです。ボールペンもこだわる必要はありません。色も一色でいい。私の経験からすれば、継続的に書きとめたノートは使い勝手のいい「自分の百科事典」になっているはずです。

ソーシャルメディアは、他人を見る場所ではなく、自分自身を見つめる場だ。同時に、自分というもの自体、すでに他人のありようを映した鏡なのである。

ビジネス界では「報告、連絡、相談」の頭文字を並べただけで、情報の「生産」がないし、創造性もない。「ほうれんそうそう」に補強して、最後にもうひとつ「そう(創造)」をつければ、コミュニケーションに使えるかもしれない。

ほかに全く競合がいない。誰もまねしようとすら思わない。他人と違うことを恐れず、そういうことをやろうと、常に考えてきた。

40代で認められるためにどうすればいいか――すでに40代になっているのなら、本音を言えば「諦めろ」というのが答えです。40歳にもなれば、それまでの人生で培ってきた志の高さ、胆力などが顔に出る。それを今さらどうにかしようと思っても無理。今から自分を変えようと思っても間に合わない、ということはまず認めなくてはいけないでしょう。そのうえで生き延びていくためには、間に合わないなりにどうやって現実と折り合いをつけていくかを考えなくてはいけないと思います。

残念ながら、日本人は政治家にしろ、ビジネスマンにしろ、交渉のテーブルで先送りという行為をあまり戦術的には行使できません。一方、アメリカなどの国は巧みに先送り戦略を駆使して、関係する相手国を翻弄します。

日々新しい技術が生み出されていますが、それを受け入れるのは子供たち新しい世代です。彼らの方が我々よりよほど進化しています。実際、科学リテラシーが低いのは子供たちではなく、むしろ大人の方です。

ページの先頭へ