吉行淳之介の名言|病気を飼い慣らす

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は自分の持病と一生連れ添う覚悟を決めています。できるだけ病気を飼い慣らしておとなしくさせるという方針を立てました。


吉行淳之介 の経歴

吉行淳之介、よしゆき・じゅんのすけ。小説家、エッセイスト。「驟雨」(芥川賞)、「不意の出来事」(新潮社文学賞)、「暗室」(谷崎潤一郎賞)、「鞄の中身」(読売文学賞)、「夕暮まで」(野間文芸賞)、その他の名作を多数残した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

健康の維持とは自分の変化に気づくこと。したがって、どんな運動をするよりも、自分の身体の状況を意識することが、健康維持の第一歩。

体調管理を続けるコツは、記録し、それを頻繁に見直すこと。

生きがいを持つと、健康でいられる「健康寿命」が延び、幸せになれます。食事や運動も大事ですが、それだけではなく、生きがいも必要なんです。

我々も健康経営を進めています。個人の健康と会社の業務は密接に関係するので、個人の健康のためには、仕事のやり方そのものを変えていかなければいけない。

僕はかなり以前から、「ごきげんに生きる」ということにこだわってきた。「ごきげんだから、長生きする」という仮説を立てて研究もしてきた。実際、100歳以上長生きしておられる方には、前向きで明るく、ごきげんに生きておられる方がとても多い。

予防は治療に勝る。

健康の大部分はお金で買うことができます。ケチらずに自分の体に投資することが大切です。

ページの先頭へ