バイロンの名言|恩の受け方、施し方

このエントリーをはてなブックマークに追加

人に施したる利益を記憶するなかれ。
人より受けたる恩恵は忘れるなかれ。


バイロン の経歴

第6代バイロン男爵ジョージ・ゴードン・バイロン。イギリスの詩人。ロンドン出身。10歳にしてバイロン男爵位を継承。ロンドンのハーロー校を経て、ケンブリッジ大学に進学。学業を省みず、文筆と放埓な日々を過ごしたのち中退。ヨーロッパを旅行したのち、ロンドンで作家生活を送る。のちの文学に大きな影響を残した。ギリシャ独立戦争に身を投じ、熱病でギリシャにてこの世を去った。代表作に『ドン・ジュアン』『チャイルド・ハロルドの巡礼』など。世界最初のプログラマーとされているエイダ・ラブレスの父。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

雑談だからといって雑に扱うことなかれ。会話はいつも真剣勝負。雑談は、相手との距離をちょっと縮める千載一遇のチャンス。

メリハリ、強弱をつけるというのも、会話のポイントである。日本語はどうしても平板な話し方になってしまうので、なるべくメリハリをつけて話すようにすると、相手にとても聞きやすい。

他人の考えを見抜きながら、自分の本心を人に知られずにいられることは、知性が優れている証拠です。

己の分を知っている人は、人の信頼も得られ、社会の中で重くなっていく。不満な人は会社で絶対に伸びない。
【覚書き:経団連会長時に出世する人はどんな人かと問われての発言】

あなたが誠意を示し、自分の本当の姿、とくに自分の個人的な経験や自身のなさを表面に出せば出すほど、それを聞いている相手はあなたの話を自分の経験に重ね合わせ、そこから自分自身を表現できる安心感が生まれるのである。

誰も説得によって人を変えることはできない。すべての人は堅くガードされた心の変化の扉を持っており、その扉は自分で中からしか開けられない。説得や感情に訴えることによっても、その扉を他人が外から開くことはできない。

気は心、これも世渡りのキーワードだ。俺はどんな仕事相手にだって言いたいことは言うけど、そのへんの心遣いだけは欠かしたことがない。俺のことをおっかながっている人も、俺に怒鳴りつけられた人も、いっぱいいると思うけど、仕事が切れないで続いてるのはそこなんだよ。いくら表面上だけいい顔したって、腕だけが少々よくたって仕事なんか続きゃしない。心遣いができなきゃ、ホントの縁は生まれない。忘れるな。

ページの先頭へ