シラーの名言|人生は長く短い

人生は退屈すれば長く、充実すれば短い。

シラー の経歴

フリードリヒ・フォン・シラー。18世紀、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。ゲーテと並ぶドイツ古典主義の代表的哲学者。ベートーヴェンの第九の歌詞となった『歓喜の歌』で知られる詩人でもある。流麗な詩はドイツ詩の手本とされ学校などでよく取り上げられるている。主な作品に『群盗』『ドン・カルロス』『ヴァレンシュタイン三部作』『オルレアンの少女』『ヴェルヘルム・テル(ウィリアム・テル)』『メッシーナの花嫁』

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

やるべきことを当たり前にこなす習慣をつけると、努力が集中に変わる。集中は全然くたびれないもの。

問題は、閃いたネタをスピーディに事業化できるかということです。

以前、上司から「編集者なら、自分の感情や欲求に素直になれ」と教わったんです。嫉妬や怒りも、感じたこと悪ではないと。以降、私の喜怒哀楽は、何かの役に立つと思えるようになりました。

人間が生きるということはどういうことかといつも考える。すると死ぬことだということに帰着する。死ぬとわかれば今日この一日を十分に生きねば損だと思う。

個別最適から全体最適へ発想を転換できないと、大きくコストは下げられないし、グローバルで競争力を持つ製品は作れない。

自分にとっては大変なことでも、他人から見たらおかしなことかもしれません。自分を笑いものにすることが、ユーモアの基本です。我々はお互い情けない存在なんだ、という共感がどこかにあります。そういうところへ自分の気持ちを引っ張り出すことが大事です。

私は、目の前に差し出された課題を、一所懸命やり続けてきただけです。

自分の文章を客観的に見るには、一晩寝かせるのが有効。朝、理性的な状態で読んで、文章のテンションが高すぎると感じたり、ピンとこない案だったら、迷わずやり直しましょう。パソコン上だけでなく、プリントアウトして客観的に見るのも手ですね。

革新的なビジネスモデルはNEC一社ではできない。事業パートナーや顧客との「共創」が不可欠で、そのコーディネート役を我々が担う。

「足るを知る」とは、「自分より上の人と比べるな」ということです。収入も上と比べればきりがない。大切なのは、自分にとって何が幸せかであり、お金だけを基準にして働かない。そのとき、心の報酬になるのは仕事のやりがいです。

ページの先頭へ