シラーの名言|人生は長く短い

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生は退屈すれば長く、充実すれば短い。


シラー の経歴

フリードリヒ・フォン・シラー。18世紀、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。ゲーテと並ぶドイツ古典主義の代表的哲学者。ベートーヴェンの第九の歌詞となった『歓喜の歌』で知られる詩人でもある。流麗な詩はドイツ詩の手本とされ学校などでよく取り上げられるている。主な作品に『群盗』『ドン・カルロス』『ヴァレンシュタイン三部作』『オルレアンの少女』『ヴェルヘルム・テル(ウィリアム・テル)』『メッシーナの花嫁』

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日常の仕事を大事にする経営の基本を愚直なくらいに実践している企業は、どんな環境変化にも耐えぬき勝ちあがる力がある。

個人で熊本(地震)のボランティアに参加して印象的だったのは、写真の区分けや子どもさんの相手など、どこにでもシニアならではの仕事があるということです。今後も表面化していないアクティブシニアの活躍の場を生み出していきたい。

欧米と違い日本に残業が多い理由には、「上司が帰らないうちは、部下が先に帰れない」といった日本社会特有の意識がある。そういった悪しき「ツレ残業」をなくすためには、率先して上司が定時になったら帰るという空気を醸成する必要がある。

マスコミには「大手4社」といっていただけるが、私は「3+1」でいいと考えている。上位3社にボリュームで肩を並べることも大切だが、それを追求するあまり大手意識になって発想が画一化されていくのは困る。もともと個性的な社員が多い会社なので、さらにそれを伸ばしていくことが大事だ。

私は8歳のときに父を亡くしたが、私の今日あるのは父が死ぬときに残した言葉が大きくあずかっている。「お前が世の中に出て、もし食うのに事欠くことがあっても、決してものを質に入れてはならない。質に入れるほど困ることが起きたら着物でも売ってしまえ。売ってしまって悔しかったら、それ以上のものをつくるように努力しろ。着物でも同じ着るならいいものを着ろ。悪いものは決して着るな」と遺言したのである。

先日、伊那食品工業の塚越寛社長の本を読み、どうしてもお会いしたいと考え、片道4時間かけておうかがいし、やはり4時間話し込み、4時間かけて戻ってきました。スケジュールを調整する秘書は大変だったかもしれませんが、やはり直接お会いしたことで、大いに刺激を受けることができました。

なぜ商品の絞り込みが大切かといえば、絞り込みによって商品のアピール力がまったく違ってくるからです。本来注目されるべき商品は10個置いたら10個売れるのに、3個ぐらいしか置かないと顧客は見落としていまい、あまり売れません。この商品はぜひ売っていこうと思ったら、しっかりフェース(陳列面)をとることでベストセラーにしていく。それが絞り込みです。

「鉄は熱いうちに打て」で、ビジネスの基本ノウハウは若いうちに身につけるのが一番です。

初対面の会話では、言葉の内容はそれほど印象に残らないんです。それよりも声のトーンや表情、身振り手振りの方が強く印象に残ります。

「経営理念が大事」とは、どの企業の経営者も口にすることですし、当たり前に思う方もいるかもしれません。しかし理念を会社の隅々まで行き渡らせるのは簡単ではなく、それをどこまで徹底できるかが、長い目で見た場合、ライバルとの差につながります。

ページの先頭へ