臼井由妃の名言|腰の重い社員のできない理由を解きほぐすことの重要性

腰の重い社員もいますから、納期の中間地点に達しても、ほとんどできていないということもままあります。そのときには、叱るのではなくできない理由を解きほぐして、ゴールまで伴走するように心がけます。できない理由は技量不足のこともあれば、優先順位のつけ方に問題があることもあります。

臼井由妃 の経歴

臼井由妃、うすい・ゆき。日本の経営者、健康医科学博士、発明家。健康プラザコーワ代表取締役。東京出身。東京家政学院短期大学家政学部卒業後、様々な職業を経験したのち、33歳年上の男性と結婚。病気で一線を退いた夫の代わりに健康器具販売会社経営に取り組む。健康医科学博士号、MBA、理学博士を取得し、社長に転身。5年で売上100億円を達成した。日本テレビ系のマネーの虎に出資者側として出演した。主な著書に『1週間は金曜日から始めなさい 仕事と人生が楽しくなる時間活用術』『8割捨てたら仕事は9割うまくいく』『仕事の8割は人に任せなさい! 』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当時、東証一部上場を目前にして、上場審査があったために1年間何も出来なかった。他のIT企業が猛烈に攻めているのを横目に我慢していたので、溜まっていたものがポーンと出てしまったのです。やはり身の丈を考えず、無理をしてはいけないということでしょうね。しかし、その後で猛勉強して、あの出来事をきっかけに本当の経営者になれた気もします。

【覚え書き|消費者金融事業の失敗で倒産寸前になった当時を振り返って】

レバレッジを高くすればするほど、相場が逆に動いた時(はっきり言えば、円高になった時)の対処が苦しい。普段は低いレバレッジでこつこつとスワップ・ポイントを稼ぎ、ここぞと言う時は高いレバレッジを掛けて、がつんとやってやって下さいな。

商品開発には2つの方向があります。ひとつはグーグルさんのように、人が欲しがるのかわからないけど、エンジニアがおもしろがってつくったものをとにかく世に出して、その中で当たったものをビジネス化していくやり方。もうひとつはアップルさんのように、人が求めるものを突き詰めて考えて、一個に絞って出すやり方です。

色眼鏡をかけ、壁の向こうから人を見ているようでは、組織力向上は難しい。

グロービスは欧米大学のようなブランドがない分、講義に不満があった場合に受講料を全額返金する制度を導入。顧客満足度を高めると同時に、実践的かつ革新的な教育に力を入れ、差別化を図ってきた。

僕、コンプレックスの塊で卑屈な人間なんですよ。こんなんですから、時々「何のために仕事、頑張ってんの?」と言われます。考えると、モテないとか、背が小さいとか、そういうハングリー精神を仕事にぶつけてますね。

日々のスケジュールが管理できるようになれば、長期的な目標の達成も確実に近づきます。まずは、1日のスケジュールを確実にこなすことから始めましょう。

思い込みを取っ払う。そのために有効なのが「科学」だと僕はずっと思っていて。科学って新しい事実が発見されたら「これまでの説は間違いでした」ってすぐに白旗を上げる。その繰り返しで発展してきましたよね?

ビジネスの一部分だけではなく、全体像を描くことが大切です。たとえば、店なら、店舗の外観だけでなく、内観、フードメニュー、ドリンクメニュー、使う食器の形、ユニフォーム……。あらゆる要素を描くといいでしょう。すると、ビジネスモデルが鮮明になります。

ビジネスリーダーや従業員が、ビジネスの目的を考え、大きなビジョンを持つことは重要。

ページの先頭へ