臼井由妃の名言|腰の重い社員のできない理由を解きほぐすことの重要性

腰の重い社員もいますから、納期の中間地点に達しても、ほとんどできていないということもままあります。そのときには、叱るのではなくできない理由を解きほぐして、ゴールまで伴走するように心がけます。できない理由は技量不足のこともあれば、優先順位のつけ方に問題があることもあります。

臼井由妃 の経歴

臼井由妃、うすい・ゆき。日本の経営者、健康医科学博士、発明家。健康プラザコーワ代表取締役。東京出身。東京家政学院短期大学家政学部卒業後、様々な職業を経験したのち、33歳年上の男性と結婚。病気で一線を退いた夫の代わりに健康器具販売会社経営に取り組む。健康医科学博士号、MBA、理学博士を取得し、社長に転身。5年で売上100億円を達成した。日本テレビ系のマネーの虎に出資者側として出演した。主な著書に『1週間は金曜日から始めなさい 仕事と人生が楽しくなる時間活用術』『8割捨てたら仕事は9割うまくいく』『仕事の8割は人に任せなさい! 』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何度も連続して大失敗をしたら、話は別かもしれませんが、1回の大失敗で責められることはありません。これはアーリン(創業者のアーリン・パーション)が社長だった時代、腕利きのバイヤーが仕入れたニットがまったく売れずに、多額の損失を出したことがありました。さすがにバイヤー本人はクビを覚悟していたのですが、アーリンから呼び出される気配はない。とことが、忘れたころに突然呼び出しがかかったそうです。アーリンは責めるわけでもなく「次のシーズンは何が来ると思う?」と尋ねたそうです。そして、ひと通り話したあと「あのニットが売れていたら、きっと大きな利益を生んだに違いない。私はそれを理解している」と言いました。

ハンス・アンダーソンの名言|部下の失敗を叱るより、チャレンジした姿勢を褒めることの重要性


リーダーになると、ときにはメンバーを叱らなくてはならない場面も出てきます。最近は部下を叱れない上司が増えたと聞きます。そういう人は、「感情を爆発させて怒ること=叱ること」と勘違いしていないでしょうか。叱るとは指導であり教育です。だからこそ、そのための技術が必要です。

倉重英樹の名言・格言|感情を爆発させて怒ることが叱ることではない


小さなことをないがしろにする行為に対しては、徹底的に叱責するという風土を根付かせています。

永守重信の名言|小さいことをないがしろにする行為は徹底的に叱る


戦後の教育は叱ることをタブー視されていて、わがままな人間が育ちました。当社に入る社員には、私が先生代わりになって、倫理観や道徳、今でいうコンプライアンスを徹底的に叩き込みます。それが信用を作る基盤になるからです。

田中健介の名言|先生の代わりに倫理観や道徳を叩き込む


「感情的に部下を叱ってはいけない」と教える人がいるようですが、それはおかしい。感情がこもっているからこそ、こちらの熱意が伝わります。もちろん褒めるときも同じです。

永守重信の名言・格言|褒めるときも叱るときも、感情をこめて熱意を伝える


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ