上野和典の名言|質問は相手のペースを乱す

質問は得てして、相手のペースを乱すことにつながりやすい。変な質問をされて、自分が言いたいことを途中で遮られたら、気分を害しませんか?

上野和典 の経歴

上野和典、うえの・かずのり。日本の経営者。玩具会社大手バンダイの社長。神奈川県生まれ。武蔵工業大学(現:東京都市大学)工学部卒業後、玩具メーカーのポピーに入社。ポピーがバンダイ吸収合併されバンダイに移る。自販キャンディ事業部、ライフ事業本部、キャラクター・トイ事業ゼネラルマネージャーなどを経て同社の社長に就任

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

顧客重視の姿勢は変わらないが、様々な利害関係者にとってプラスかどうかで値上げを判断した。社員の労働環境の改善も必要だ。低価格を維持することで社員、働くスタッフにしわ寄せがいっていたことも、現実にはあったと考えている。長い目で見ればお客様も値上げを理解していただけるのではないかと思う。

書く時は、(文字のバランスなどを)常にその場で決めています。瞑想するのもそのためです。瞑想することで、いったん自分を消す。自分が透明になって宇宙に身を任せ、その場のエネルギーにチューニングする。そうすることで初めて魂のこもった書を書くことができるのです。

近年、ビジネスの現場の多くは「人が少なく、仕事量が多い」状態にあります。そうした状況のもとで仕事を進めていくには、スムーズでスピーディな情報共有が不可欠です。そう考えると、「いかに良いビジネス文書を作るか」というテーマはとても重要です。上司や同僚に、迅速かつ正確に情報を伝えることで、仕事の効率を大幅にアップさせることができるでしょう。

「自分の夢」だけでは、続けられなかったはずです。「金メダル獲得」は、家族、会社の社員、ファンの方々の夢でもある。だから、私は努力し続けられます。

既存の技術や設備を否定するような覚悟で仕事に向き合っているかが重要。会社というのはマーケットが求めているソリューションを提供することが大事で、既存の技術や設備にこだわらずにやっていいよということは言っています。

父親が急逝し、父の商売の後始末に奔走しないといけなくなりました。お金のこととか法律とか、ぜんぜん詳しくなかったから。ひどく苦労しました。大人になるというのは、社会的成功や財産を築くのではなく、こういった現実を背負うことなんだと、身を持って知ることができました。楽しい気分だけで、人生はやっていけるものじゃないなと。

従業員は、全員私の家族です。当然能力には差があります。差があるのが、当たり前です。それを、全員で認め合い協力して一層優秀な成績を収めるように努力しようと、お互いに喜んで前向きになってくれることが必要です。それが、社長の役割だと思っています。

ルーティンと感じ、手を抜き始めたら、中学から本格的に格闘ゲームに打ち込み、覚悟を決めた自分に殺されますよ。

私が実演販売の台本を作るときは、「序・破・急」の構成でストーリーを組み立てます。もともとは雅楽や能楽で使われてきた三段構成で、これを意識すると話にリズムが生まれ、聞く人の気持ちを動かしたり、巻き込みやすくなります。

人間だから何かに反応して怒るのはあたり前でしょう。怒る自分を否定せずに、そこから一歩踏み込んで「なぜ怒りというリアクションが自分に起きたの」をよく観つめてみてはどうですか。そうすれば、怒りは自分をよく知るための格好の材料になりますよ。そういうのも禅の大事な修行です。

ページの先頭へ