上野和典の名言|話が続かなくても別にいいと割り切ることの大切さ

子供のころから相手をよく観察する癖がありました。「なるほどこういう人か」と心の中で思っておくと、落ち着いて話を進めやすいのです。極端にいえば、心のどこかに「話が続かなくても別にいい」という割り切りもあるので、それがかえって態度の余裕につながって、「話しやすそうな人」に見えるのかもしれません。

上野和典 の経歴

上野和典、うえの・かずのり。日本の経営者。玩具会社大手バンダイの社長。神奈川県生まれ。武蔵工業大学(現:東京都市大学)工学部卒業後、玩具メーカーのポピーに入社。ポピーがバンダイ吸収合併されバンダイに移る。自販キャンディ事業部、ライフ事業本部、キャラクター・トイ事業ゼネラルマネージャーなどを経て同社の社長に就任

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

顧客にしてみれば、旅先では自分が知らないことを体験したいし、知らない土地の魅力を教えてほしいはずです。現地主導でその土地の魅力を探し、いいと思ったものはとことん続けることを奨励しています。その中から、きらりと光るサービスが生まれてきます。

星野佳路の名言|いいと思ったものはとことん続ける


現場力を復活させるにはQCサークルの復活など地道な活動で、愚直に現場を鍛えることが肝要。10年単位の長期計画で臨むしかない。

遠藤功の名言|愚直に現場を鍛えることが肝要


控え選手の役割は重要です。普段の練習も、控え部員たちのテンションが低いと活気が出ません。「レギュラーだけで頑張っていればいい」といった雰囲気が広がると、チームの勢いが失われてしまいます。

吉田洸二の名言|控え選手の重要性


多様性こそが、個人や組織の力を引き上げていく。

濵口道成の名言|多様性こそが、個人や組織の力を引き上げていく。


自分が本当に望むものを思い描くとき、注意してもらいたいことは、「自分を信じるパワーが足りないときにイメージするな」ということです。パワーがない状態でイメージを思い浮かべようとすると、心の中から浮かんできた理想まで、信じられなくなってしまうんです。たとえば、バリバリ仕事しているカッコいい自分をが浮かんでも、「どうせ無理だよ」とすぐ打ち消してしまう。その結果、誰かがつくった既存の理想像しか思い浮かばなくなって、本気で取り組めなくなっていく。そして努力が長続きせず、さらに自信を失っていきます。

杉村太郎の名言|パワーが落ちているときに目標を立ててはいけない


必ず自分の周りに気に入らない嫌な奴っているよね。そいつと面と向かって喧嘩する。そうすればそいつは敵になるでしょ。そうしたらしめたもの。そいつにだけは負けたくないと自然に思えるから。自分がくじけたら、そいつが喜ぶし、そいつに笑われると思えば頑張れる。

高橋がなりの名言・格言|あえて敵をつくる


継続的な安定成長を遂げるには、イノベーティブな技術開発や販売戦略が不可欠です。それには自分たちの英知を結集するだけでなく、お客様をはじめとした外部の英知を吸収することが必要です。そのため自社の社員には、お客様の懐に入って先行してニーズを汲み取れるように、コミュニケーション能力の強化を求めています。

石井和徳の名言|お客様をはじめとした外部の英知を吸収することが必要


自分の考えていることを相手の言語に合わせて説明する能力は不可欠です。自分がある構想を描いたとき、その構想にほかの人を巻き込むには、相手にわかる言葉で話さなくてはなりません。人生観はみんな違いますから。バラバラな価値観の人たちを説得するには、自分がやりたいことを相手に言葉で読み替えてやる必要があります。

安藤宏基の名言|相手を巻き込むには、相手にわかる言葉で話す必要がある


好不況のたびに人員の整理をすることはできれば避けられればそれにこしたことはありません。どんな企業だってやはり、人が全て、ということを忘れてはいけないでしょう。

安達一彦の名言|人が全て、ということを忘れてはいけない


現場を見て、体験して、理論とは異なる現実の問題にぶつかれば、新しい発見がある。

竹内弘高の名言|理論とは異なる現実の問題にぶつかれば、新しい発見がある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ