上野和典の名言|話が続かなくても別にいいと割り切ることの大切さ

子供のころから相手をよく観察する癖がありました。「なるほどこういう人か」と心の中で思っておくと、落ち着いて話を進めやすいのです。極端にいえば、心のどこかに「話が続かなくても別にいい」という割り切りもあるので、それがかえって態度の余裕につながって、「話しやすそうな人」に見えるのかもしれません。

上野和典 の経歴

上野和典、うえの・かずのり。日本の経営者。玩具会社大手バンダイの社長。神奈川県生まれ。武蔵工業大学(現:東京都市大学)工学部卒業後、玩具メーカーのポピーに入社。ポピーがバンダイ吸収合併されバンダイに移る。自販キャンディ事業部、ライフ事業本部、キャラクター・トイ事業ゼネラルマネージャーなどを経て同社の社長に就任

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

メーンディッシュに憧れたこともあった氣志團だけれど、今はどんな素材とも相性がよく、数多くの調理法がある「ニンニク」でいようと。人生、誰しも上ばかり向いてはいられないけど、下を向いたらいつだって俺たちがいる。辛いことや嫌なことがあったら氣志團のライブに行こう、そう思ってもらえたら最高です。

綾小路翔の名言|辛いことや嫌なことがあったら氣志團のライブに行こう、そう思ってもらえたら最高


計算で読めるのは6割程度。つまり、勝算は6割ということです。残り4割は私の勘によるものでしかありません。それまでの経営者たちも、成功するつもりでチャレンジしたはずですが、失敗に終わったということは、計算ではわからない何かが潜んでいる可能性がある。でも、そこは実際に動いてみないとわからないのだから、やってみるしかない。わからないことがあるから面白いんですよ。4割の勘の部分こそが、ビジネスの醍醐味ではないでしょうか。

澤田秀雄の名言|ビジネスはやってみないとわからない


人間は興味を失ってしまったら終わってしまいます。やはり人生において、プランBを常に考え、持つべきでしょう。

出井伸之の名言|人間は興味を失ってしまったら終わってしまいます


企業は日常業務や短期的問題の解決に追われがちで、こうした消火活動に時間をとられ、戦略に関する課題に時間や資源をあまり投じないことが多い。業務や改善活動への取り組みは必要だが、「戦略は重要だ」と唱えるだけではなく、具体的にそれを実行するための計画を立てていくことが極めて大切です。

ロバート・キャプランの名言|もっと戦略立案に時間と資源を投入する


ポイントは「目標」と考えるのではなく、「12月にはこの状態になっている」と思い込むこと。この両者は似ているようで全然違います。「目標」と考えると「達成できないかも」という意識が生まれがちです。これが達成の邪魔になると思うのです。しかし、達成したと思えば、そんなことはなくなります。

村上太一の名言|目標と考えるより、達成していると考えることの重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ