岡本太郎の名言|自分らしくよりも、人間らしく生きる

自分らしくある必要はない。むしろ、人間らしく生きる道を考えてほしい。

岡本太郎 の経歴

岡本太郎、おかもと・たろう。日本の芸術家。第二次大戦前フランスにわたり、抽象美術運動、シュルレアリスム運動を体験。戦後は日本に戻り絵画や立体作品を制作。メディアに積極的に出演し「芸術は爆発だ」というセリフで親しまれた。代表作品に「太陽の塔」「明日の神話」「午後の日」、そのほか多数。工業製品のデザインも担当した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

支援を求める相手は、多くの場合「成功者」です。つまり、自分も若き日に夢と大望を持ってチャレンジをした人です。そうした人物は、熱意ある者にかつての自分を重ねます。周囲の理解を得られぬ中、あきらめず奮闘した経験なども蘇るでしょう。その記憶が心に火をつけ、「応援しよう」という気持ちを起こさせるのです。

酒巻久の名言|「応援しよう」という気持ちにさせるには


進化は、アプリや自動運転などの技術革新で、もたらされるようになる。時代の変化は我々にとってピンチでもあり、チャンスでもある。

川鍋一朗の名言|時代の変化は我々にとってピンチでもあり、チャンスでもある


いつ、どんなことをお客様や社内の関係者に聞かれても対応できる知識を常に持っておくため、チーム内で情報共有は徹底させています。

杉本隆一郎の名言|対応できる知識を常に持っておくため、チーム内で情報共有を徹底する


僕が好きなのは、相手から見て「これはいったい何を狙っているんだろう、分からない」という手が好きなんですよ。勝つために何が一番有効かというと、「いや、僕もよく分からないんだよね」みたいな(笑)。逆に、誰もが「これはこういう狙いだろう」と思うような手は打ちたくない。ライバルに対策を講じられてしまいますから。

川上量生の名言|相手から見て「これはいったい何を狙っているんだろう、分からない」という手が好き


「部品販売というビジネスを通して、お客様のために何ができるのか」をこれからも考え続けることで、お客様のニーズを先回りして実現していきたい。

山口晋二の名言|ビジネスを通して、お客様のために何ができるのかを考え続ける


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ