岡本太郎の名言|三日坊主でも構わない

このエントリーをはてなブックマークに追加

何かを始めても、続かないんじゃないか、三日坊主に終わってしまうんじゃないか、なんて余計な心配はしなくていい。気まぐれでも、何でも構わない。ふと惹かれるものがあったら、計画性を考えないで、パッと、何でもいいから、自分のやりたいことに手を出してみるといい。それでもし駄目なら、つまり続かなかったら続かなかったでいいんだ。いいと思うべきだ。


岡本太郎 の経歴

岡本太郎、おかもと・たろう。日本の芸術家。第二次大戦前フランスにわたり、抽象美術運動、シュルレアリスム運動を体験。戦後は日本に戻り絵画や立体作品を制作。メディアに積極的に出演し「芸術は爆発だ」というセリフで親しまれた。代表作品に太陽の塔、明日の神話、オリエンタル中村、午後の日、そのほか多数。工業製品のデザインも担当した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

正しい行動をとれるように習慣化することが大事。素振り一つにしても、正しい動きを繰り返し丁寧に反復していくから、身につくわけです。だからボールがきたときに反射的に反応できるんです。

習慣化の目安は3か月です。1か月ごとの短期目標を3回クリアすれば、あとは意識しなくても自然に体が動くはずです。3か月たっても短期目標をクリアできなければ、行動を間違えている可能性が大です。その場合は別のアプローチで目標達成を模索したほうがいいでしょう。

早起きを続ける最大のコツは「何のために早起きをするのか」という目的意識を明確にすることです。早起きのつらさを上回るメリットが自分の中で明確になっていれば、結構長続きするものです。

もともと習慣化しているものにくっつけると、新しく始める行動も習慣化しやすくなる。

ルーティン化には、無意識の記憶を司る線条体や小脳が関与していると考えられます。毎日の習慣にすれば、朝のこまごまとした身支度が苦にならなくなるのも、無意識が勝手にやってくれるからです。ルーティン化は、面倒なことをやるのに非常に強力な方法なのです。

それまでの自分の生活に新たな時間を組み込むのは、習慣の破壊になります。それが楽しくなければ、元に戻そうという力が強く働いて三日坊主で終わることも。大切なのは、自分がやりたいことをやることです。

ダイエットや勉強といった「習慣化させたい行動」がある時、手帳をつけることで、その行動を続けられる可能性が高まる。行動(課題)を実行できたら、手帳に書いてみてください。カレンダーにシールを貼るなどして目に見える形にするのが効果的です。それを折に触れ眺めることで、達成感や満足感といったプラスの情報が自分にフィードバックされて「またやろう」というモチベーションにつながり、行動が強化され「習慣化」しやすくなります。

先日の練習でも、まだ苦しくない段階のはずなのに、苦しそうな顔で走っている選手に、「そんな顔でテレビに映ったらモテないぞ。せっかくのイケメンも台無しだ。笑って走れ」と指導しました。これにはちゃんと理由があって、苦しい顔で走っていると、スパートするタイミングで一気に力が入らないのです。常に手を「グー」の状態にして力を入れていたら、肝心な時にさらに力を入れられなくなります。だから、苦しそうな表情で走らない方がいい。その論理をそのまま伝えるより、「モテないぞ」と言われた方が、選手はビクッとして直そうと思いますよね。誰しもモテないより、モテた方がいいですから(笑)。そうした「自分を突き動かす動機」が見つかれば、自主性が生まれ、三日坊主が防げます。

ものごとを習慣化する際に一番重要なことは、「なぜ自分はこれをやるのか」、その目的と目標をはっきりさせることです。漠然と早起きしようと思うだけでは、まず続きません。たとえば、「語学の能力で社会の役に立ちたい」という目的があり、それが「英検資格を取得する」という目標につながり、「だから1日5時間の勉強が必要だ」「そのためには、朝2時間を勉強にあてよう」といった理由と流れがあってはじめて、自分が納得し、継続する意欲が湧いてくるのです。

私達が大切にしている習慣化とは、「その行為を行なわないと落ち着かない。不快な状態になる」ことです。朝の洗顔や食後の歯磨きと同じように、「英語の勉強をしていない日は違和感を覚える」ようになるかどうかが勝負の分かれ目。この状態になれば、時間の経過とともに英語力は自然と上がっていくものです。

ページの先頭へ