平田進也の名言|人間は誰でも褒められたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性の方が褒められ慣れていない分、効果があると思います。人間はみんな褒められること、認められることを欲しているんです。山本五十六の有名な言葉があるじゃないですか。「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」。この最後の褒めるという仕上げがあるからこそ、それが余韻として相手の心に残って、「あの人にまた会いたい」「自分も頑張ろう」と相手に思わせることができるんです。


平田進也 の経歴

平田進也、ひらた・しんや。日本の旅行添乗員。奈良県出身。京都外国語大学卒業後、日本旅行に入社。営業9年、海外業務11年、販売促進10年を経て、西日本営業本部営業推進事業部部長を務めた。高校生時代から視聴者参加型テレビ番組に多数出演。社会人となってからも『探偵ナイトスクープ』を始め多くの番組に出演。明るいキャラクターで人気を博し、本業の方でもカリスマ添乗員として活躍。日本旅行社内で個性派メンバーを集め「おもしろ旅企画ヒラタ屋」を創設し代表を務めている。主な著書に『旅行業界のカリスマ 7億稼ぐ企画力』『出る杭も5億稼げば打たれない!』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大学院に受かったときは、よかったなと言ってくれましたが、それで終わりです。幸之助からしてみれぱ、そのころの私はまだまだ人生が始まったばかりですから、あまり褒めて有頂天にさせてもいけないと思ったんじゃないかと思います。会社に入って部門を任されて、それなりの業績をあげたときにも、あまり褒められた覚えはありません。それよりも、そのあと、これからどうしていくのだということについては、非常にたくさんの質問をされました。

昨今は「褒めるバブル」なので、注意しないといけないなと思っているんです。あまり褒めすぎると効き目がなくなりますから。

人前で褒めることは効果大です。その場にいる人たちも同様に「へえ、すごいね」と思ってくれるので、喜びは2倍、3倍となるでしょう。

女性に謝罪するときに相手が取り乱していたら、まずはその怒りを肯定してください。「お怒りはごもっともです。○○さんの感情を害してしまって、本当に申し訳ありません」とひたすら謝りましょう。そして相手に言いたいことを全部吐き出してもらいます。何度同じことを繰り返されても、「それはさっき聞きました」などと口が裂けても言ってはいけません。謝りながら、なんとか相手を褒めるポイントを見つけてください、「そこに気づいていただけるのは○○さんだからこそ。ご指摘いただき非常にありがたいです」と相手を持ち上げ強がら事態の収束を図ります。泣き出されてしまうこともあるかもしれません。そういうときはひたすら共感作戦です。「あなたのおっしゃることはまさにその通りだ」と仲間意識を醸し出す方向での対応が効果的です。

相手を意識的に褒めることは効果的です。自律神経系は人称を解さないので、人を褒める言葉で、脳や自律神経系は自分を褒める言葉と解するのです。

何もかも独学で覚えたというのは、褒めるべきこととはいえず、むしろ非難すべきこと。

部下を褒めるというのは、上司の権利ではなく義務です。

ページの先頭へ