益子修の名言|元経営幹部の経営責任を追及し過去と決別する重要性

先輩方に対して法的な追及をするという、大変厳しい決断でした。ただ、あのときを境に、過去と決別できたと思っています。リコール問題をすべて洗いざらいテーブルの上に乗せて、再発防止策をアナウンスし、組織も変えたことで、ようやく新しい再生計画がスタート地点に立てたんです。
【覚書き|元会長、元社長、元取締役、元執行役員に損害賠償請求を行った当時を振り返っての発言】

益子修 の経歴

益子修、ますこ・おさむ。日本の経営者。三菱自動車社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、三菱商事に入社。主に自動車部門と輸出部門に携わり、執行役員自動車事業本部長を経て、三菱自動車に移る。海外事業担当常務として経営再建に関わったのち、同社社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現場に立った時、「これはお客様のためにならん」と、すぐわかるかどうか。商売人はカンが働かなければならない。それにはお客様のために努力を続けていくこと。そうすれば、その能力は向上します。そして、自分自身の仕事の充足感も増していきます。

弊社はどんなに難しい修理でも断らないようにしています。長年の経験から「ひとつひとつ解決していけばどこかに道がある」とわかっているから。

具体的に褒めると、より効果的。服装を褒める時には、単に「素敵なネクタイですね」と褒めるのではなく、「センスがあって素敵なネクタイですね」と褒めたほうがいい。

国内ビジネスはお客様との兼ね合いもあって多極化が難しいのですが、逆に海外では自由にできることが魅力です。

自分のためだけにやる仕事なんていつか限界が来る。お客様のために仕事をするからこそ、自らの壁を超えるエネルギーが生まれる。

「客と飲みに行くなんてまっぴら。そんな面倒なことはいやだよ」なんて言ってたら仕事なんか来やしない。人付き合いの中で相手と信頼関係を作っていかなきゃ、自分の思うような仕事はできないね。

技術がビジネスにつながっていくには、デザインも含めた総合的な競争力が必要。

不安がなかったわけではありません。でも、そこはなるようにしかならないと開き直って、やれることをすべてやろうと思いました。良くも悪くも前さえ向いていれば、何か1つでもできることが見つかるかもしれない。

リスクをとらないことがリスクでもある時代、ビジネスマンの危機に対する意識変革も大切。

コア人材とは、今後の事業を運営するうえで必ず必要不可欠な人材のことです。このため場合によっては優秀な人でも辞めてもらう必要が出てきます。確かにパフォーマンスを発揮できていることも大事です。しかし、その人がパフォーマンスを発揮できているのは、別の誰かやチームの助力によることもあり得るのです。すべてのバランスを見ていかなければ、組織の中で緩衝材となってくれている重要な人物や見えざる力となっている部分を失ってしまいます。

ページの先頭へ