ボビー・バレンタインの名言|部下を叱るときに重要なこと

私が誰かを叱るときは、やってくれることを期待されていながら達成できなかったときと、その点を修正するときです。叱らなければならないときは、最終的に叱ったあとで、相手が抱えている問題を確実に理解して、それが二度と起こらないように修正することを、常に頭に置いています。決して個人的な叱責になってはいけません。

ボビー・バレンタイン の経歴

ボビー・バレンタイン。アメリカ出身のプロ野球選手、監督。南カリフォルニア大学卒業後、ドラフト1巡目で指名されロサンゼルス・ドジャースに入団。傘下の3Aスポーカン・インディアンズでプレイする。選手としては振るわなかったが、指導者としての能力を買われ、テキサス・レンジャーズ、3Aノーフォーク・タイズなどの監督を務めたのち、日本のプロ野球球団千葉ロッテマリーンズの監督に就任。そのほか、ニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスなどの監督を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「褒める・叱る」は、相手が将来有用な人材となるための事前準備だ、という視点がすべての基本です。まずは後輩や部下の一人一人に対して、「10年後、こうあってほしい」という姿をイメージしてみてください。そこから逆算して、「今、この場面でどんな言葉が必要か」を考えましょう。

後田良輔の名言|褒めるとき、叱るときの基本


信頼関係ができていない段階でいきなり叱っても、真意は伝わらず、それこそ、こんな会社辞めたいと思うだけなんじゃないでしょうか。

森田英一の名言・格言|部下を叱る前に、日々信頼関係を構築する


厳しい上司はパワハラだと訴えられてしまうから、厳しいことが言えない。いい上司がいなくなっていく。相手に対して「思い」がなかったら、厳しくなんかしないんですけどね。しっかりした親は、子どものことを考えるから叱るのです。そういう親を「パワハラ親」だとか「ブラック親」だなんて言いません。

朝倉千恵子の名言|相手のことを考えて叱る


声を荒げるのが叱ることではありません。しばらく何も言わないのも立派な叱り方です。部下が失敗をしてしまった瞬間には何も言わず、1週間ほどたって「あのとき、こうしていればよかったね」とさりげなく指摘する。これは効きます。失敗を受け入れ、十分反省して立ち直ろうという瞬間に、グサッとやるのです。落ち込んでいる最中なら「わかっているよ!」と怒鳴りたくもなりますが、十分反省したタイミングでは反発できず、「おっしゃる通りです」と自然に頭が下がってしまいます。叱るというより、同じ失敗を繰り返さないために指針を与えるのです。

倉重英樹の名言・格言|効果的な叱り方とは


社員が気付いていないことを指摘し、なおかつそれを血肉にして成長してもらうために、ときには徹底して叱る姿勢が必要です。

宗次徳二の名言|ときには徹底して叱る姿勢が必要


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ