大東隆行の名言|すべては従業員のおかげ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分一人では何もできない。すべては従業員のおかげ」という感謝の気持ちが大切です。それは経営者じゃなくとも、人の上に立つ人間は誰しもが持ってないといけないでしょう。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世の中が非常に上手くいっている時代は前例踏襲の方が楽だし、それで幸せでいられました。ところが、いまのようにいろいろな変化が求められている時代には、前例踏襲ではライバルに負けてしまいます。

「声優にとって大切だと思う3つのこと」を私が挙げるとすれば、「根性」「感謝」、そして「声優であることを認識すること」。

ベンチャーキャピタルという仕事柄、「大学発ベンチャーが成功するための条件は何ですか」という質問を受ける。すべての企業で言えることと思うが、技術だけではなく、製品とサービスの開発、ビジネスモデルを含めた事業の開発、資金管理や経営を含めた諸条件が必要で、それらを担う全員が協力し合って仕事をしていなければならないと思う。

体育会出身の営業マンにありがちなパターンですが、長時間労働が評価されるのは35歳ぐらいまで。40代になると、人件費の観点からも非効率だと目を付けられ、評価はむしろマイナスになっていきます。若い頃のように勢いで売るのではなく、経験で売る方向にシフトする必要があります。

犯罪者には必ず泣きどころがあるので、そこを探し、それを基点に相手を理解してあげる。この人になら話しても大丈夫だ、これ以上黙っていても意味がない、と相手に自然に思わせることが重要。

化粧品は効能や効果以上にイメージで売上が変わる商品です。自由な発想を尊び、挑戦をいとわない風土があります。一方、医薬品は法律の縛りがあるため、安易なイメージ戦略はとれません。安全性や品質にも化粧品とは段違いの厳格さが求められます。エスエス製薬ではイノベイティブな発想は歓迎されず、リスクを嫌う企業文化がありました。

どんなことをしたいのか、そのためにどんなことをしてほしいのか、相手の立場を考えて発言しなければならない。

あらゆるものがブランドであり、あらゆる人がブランドである。

お客様を訪問しますと、ITに関して必ず言われます。「ITは高いね」という鋭い指摘です。これに対する私の答えはいたってシンプルです。「おっしゃる通り高いです。だからこそ、早く投資を回収し、さらに投資効果を定量的に把握することが経営者の仕事です」と。

自分がどう思われるかばかりが先行している時は、うまくいかない。「どうだ!」という劣等感からくる変な強気は、全部空回りする。むしろ、「この人を元気づけたい。どうしたらいいかな?」と、好奇心を持って接するようにしたら、人が集まるようになっていった。つまり、こちらの心構えが変われば、相手も変わってくると知った。

ページの先頭へ