大東隆行の名言|社員の自主性を引き出すには

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰しも、本部から「ああしろこうしろ」と言われてやるのは、楽しくありません。逆に自分の頭で考えてやるから、仕事が面白くなる。それに、自分で提案したものだけに、責任感も生まれます。いかに従業員それぞれの自主性を引き出し、働く楽しみを生み出すか。そのことには徹底して力を入れてきたから、うちには指示待ち人間はいないはずです。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

決済の事業は結果が出るまで10年はかかると思っています。初期は100メートル走のように走っても、そういう生活は2~3年しか持たないので、マラソンに切り替えました。モチベーションと健康を崩さないことが何より重要。燃え尽きるのが一番怖いんです。

消費者の声を聞くことは大事です。しかし、もしへンリー・フォードが顧客の声を聞いていれば、クルマの大量生産よりもより速く走る馬を大量生産することに邁進していたはずです。顧客の声を聞くべきタイミングはプロダクトを世に出した後でしょう。

どんな仕事であれ、出会いはあります。職場内でも取引先でも、人とのかかわりは日常的にあるはずです。あなたはその出会いをどうせ仕事の上だけの関係だからと、右から左へ流していませんか?ひとつひとつのご縁を大切にしていけば、仲間づくりは難しくありません。

業界の社会的価値を高めたいと思っています。我々物流は駅伝でいえば、チームで一番信頼されるアンカーです。どんなにいい商品でも、お客様のもとにきちんと届かなければ意味はありません。そういう意味で、物流こそ、日本で一番優秀な人が誇りを持ってやるべき仕事だと思っています。

コンテンツは、数値化されるものと数値化されないものの狭間で行きつ戻りつ漂うものである。そしてアナログからデジタルの時代に移る中で、この数値化される要素がどんどんと多くなっていき、自然と数値化されないものの比重が軽くなっているのではないのか。

当初は何の戦略も無かったんですけど、最初の大学病院で一定の評価を頂きましたので、そこからはうまくいったと思います。初めは愛媛大学の大学病院、次は徳島大学、長崎大学と広がっていって、4~5年も経つと大阪大学、東京大学へと広がっていきました。それが今から4年ほど前のことです。大学病院での採用が増えるにつれて、「仕事が仕事を呼んでくれる」ようになっていきました。それまで「PSC? どこの会社?」なんて軽くあしらわれていたのが、一転してお付き合いしていただけるようになったりもしました(笑)。

意外に有効なのが会社や学校の「同期のつながり」。自分の仮説を、違う部署、会社、業界の論理から遠慮なく否定してくれる人は、良いチームに欠かせない。頼もしい仲間になる。

ページの先頭へ