大東隆行の名言|上の人間が率先して汗をかいて働くことの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

店長が汗をかいていないのに、「お前ら何とかしろ!」と頭ごなしに怒鳴っても、下の人間は絶対に動きません。まず店長自らが率先して汗をかくこと。上の人間の熱い気持ちが、下の人間の心に火をつけるんです。実際「この店長のために頑張ろう」となると、その店は強いですね。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

海外に工場をつくるときは、工場を建てる前にまず、現地に合わせた品質基準をつくらなければならない。そうしなければ、競争には勝てません。

いま仕事に行きづまっている人がいるかもしれないけど、そんな時こそ長い休みを取るなど、自分をオフにするという選択肢もありだと思うし、それに罪悪感をもつ必要もないと思います。

ちやほやされるのは嬉しいことですよね。でも永遠に続くものではないですし、それを求めてはいけない。あくまでも自分はカヌー選手として周りに生かしてもらっていて、それこそが発揮できる価値。その期待に応えるのみだなと。

意識してほしいのは、マニュアル的なノウハウや理論だけを真似して満足するなということです。マニュアルは仕事をするための最低必要条件です。それを学んで「やるべきことはやりました」といっているうちは、最低限のレベルまでしか成長できないでしょう。たとえばマーケティングでいえば、教科書通りに市場調査をしたり、ブランディングの理論を知っているというレベルで満足していたら、おそらくそれ以上の価値を生み出すことはできない。

滅私奉公を旨とする日本の「法人社会主義」が、頻発する企業不祥事の一因です。「会社のためなら法を踏み外しても」との論理です。ビジネスマンが会社に依存するのではなく、自立した精神を持っていれば不祥事の多くは避けられたはずです。

日本は資源が少ないので海外に求めなければならないが、それもただ資源を日本に持ってくるだけでは、いかな低開発国でもいい顔をするはずがない。つまりこっちから金や技術や人を持っていって、向こうで仕事をするのが本当だ。事実、こうした合弁会社形式のものが目立って多くなっている。

人が育たないと仕事はできない。

ページの先頭へ