大東隆行の名言|攻めるときには思い切って大胆に

このエントリーをはてなブックマークに追加

ある程度業績が戻ってきたら、銀行さんがお金を貸してくれるようになりました。そこで、ごっついお金をかけて店舗の全面改修に取り掛かりました。1億円で立てた店を4000~5000万円かけて何店も改修したのです。それだけ一気に変えないと、お客さんには伝わりません。それに、思い切って変えれば、従業員も「やるぞ」という新たな気持ちになって、仕事にも精が出ます。攻めるときには、やっぱり思い切って大胆にならないといけません。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

腕がいいのは当たり前。黙ってちゃ誰も評価してくれない。

私は怒りをあとに残しません。腹が立つことがあっても、翌日にはケロッと忘れてしまえるんです。

普通に売るのではなくて、お客様にシーンをお届けする努力をしています。たこ焼をお酒のつまみにしたり、パーティのお供にしたり。そうした工夫でまだまだ戦えるはず。

作ろうとしているシステムには、絶対の自信があった。その仕事を続けていこうと思ったら、独立という道へ自然に絞られてきました。

受信したメールは、できるかぎりその場で返します。メールを溜め込む人は、「読む・考える」のあと、いったん停止して他の仕事をしているのではないでしょうか。すると思考が途切れてしまうので、再び取り掛かる際に「読む・考える」を最初から繰り返すことになります。この二度手間が、時間のロスを生むのです。

人のために尽くせば、相手は必ずお返しをしようと思う。他を利することが、結局は自分を利することになる。

挑戦をやめてしまえば、しょせん並のものしかできない。理想をどんどん高めていって、それを実現したときに初めて人の感動を呼び起こすことができる。理想がなくなったときに人間の創作意欲は失せてしまう。それが原因で自殺してしまう芸術家さえいる。理想を失うということ、追い求める心を失うということはそれほどまでに恐ろしいことだ。

ページの先頭へ