大東隆行の名言|上司は部下を怒鳴るのではなく、問題解決策を一緒に考えることが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

上の人間が「何とかしろ!」と怒鳴っただけでは何にも変わりません。問題解決策を一緒に考えます。エリアマネージャーが店長と話すときも同じです。実際の店舗を見ながら、問題解決策を一緒になって考えることが重要です。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

報告書で大切なのは、相手の立場に立って書くことです。それを読む上司がどのような情報を求めているかを予測し、簡潔にまとめるのです。ただし、自分がやったことを列挙してただ報告するだけでは価値がありません。次のアクションにつながる提案が欠かせません。

どんなにベテランになっても、毎朝のラインナップ(朝礼)でクレドに書かれた「サービス・バリュー」を日々確認します。また、ラインナップでは、対話を通じてクレドの内容をより深く理解していきます。

米海軍のリーダーシップについて書かれた本を読むと、リーダーに不可欠な能力のひとつに「ユーモアのセンス」があげられている。リーダーには場の雰囲気を和らげ、部下の心を落ち着かせるためのユーモアのセンスが必要。

昨日今日の思いつきで言っていると思うのか。ずっと見てきたうえでの決断だ。

怒りを持たない人間がいないのと同じように、攻撃性もまた誰もが多かれ少なかれ持っているものです。

ロジカルシンキングをいくらしても課題解決につながらず、煮詰まってしまうことがあります。そんなときは、目の前の課題からいったん視線を外して、他の領域に目を向けてください。すると、思わぬところから、課題解決のために転用できる知見を得ることができることがあります。

間違った心構えでプレーしている限り、能力があっても負け犬だ。

未曽有の不景気が続く中で状況を的確に把握し、判断するための第一の基本は、「真に価値のある情報」と「雑音」を聞き分けることです。

人は常に新しいものを求めていくわけですから、売れている商品でも常にリニューアルをし、更に良いものを開発し続けなければならない。

社外の方々にどう映っているのか分かりませんが、オリックスは極めてウエットな会社です。基本的に人員削減はしませんし、力を発揮できていない社員がいれば、最善の職場をできる限り一緒に考えます。社員に様々な選択肢を提供するために、事業を多角化してきたという面もあります。

ページの先頭へ