大東隆行の名言|本部は裏方

このエントリーをはてなブックマークに追加

本部は、店舗が仕事をしやすくする裏方であり、舞台装置みたいなものです。小道具を揃え、店舗でいかにいい演技をしてもらうかに徹する。店舗が一番上で、社長が一番下の逆ピラミッド型の仕組みは、他の会社にはないうちの最大の強みでしょう。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

数年前に日本で流行った「ハーバード白熱教室」では、サンデル教授は正解のない問題を学生たちに投げかけて議論をさせました。一方、日本の教育にはディスカッションがない。本当はディスカッションの中から創造力がつくられるのに、日本では答えはひとつだと教えるから、むしろ議論はしちゃいけなくなっている。

経営者になると、みんなが自分に気を使ってくれる。すると、気付いた時には裸の王様になりかねない。

「好奇心を持つ」ことは、ビジネスパーソンにとって欠かせない資質だと思います。好奇心に乏しく、周囲のことに無関心であることは、学ぶチャンスを自ら放棄しているようなものです。

赤字でも撤退しなかったのは、統合で規模を拡大し、シナジー効果を出せば競争力を高められると考えたから。競争力を高めて事業を続ければ、まっとうな収益が入ってくると判断した。

「大きな買い物なら、冷静に判断するのが当然では」と思う人もいるかもしれませんが、いざ資金計画を考える段階になると、「なんとかなるさ」と甘い見通しで決めてしまう人がとても多いのです。

問題がないという人は、何かを見ないふりしているか、自分で事業を運営していないのである。どんな仕事にも問題はつきもので、それに驚いてはいけない。予測しておくべきだ。

自分の能力、会社の力を超えた大きな仕事をしようとしても、多くの場合失敗します。その時々の自分の能力の範囲内で適正に経営を行ない、社会に貢献していくよう心がけるべきでしょう。

ページの先頭へ