大東隆行の名言|店舗主導型で地域に密着したビジネスを展開することの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社は本部主導ではなく、店舗主導型です。これは王将の創業からの特徴です。地域に応じたオリジナルメニューを各店長が工夫する。値段設定も販促も、すべて店長の裁量次第。だから、地域の方に愛される個性のある店ができるのです。最近、地域密着型ビジネスの時代とよくいわれますが、ここまで徹底してやっているところはそんなにないと思います。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

問題が起きたら誠心誠意取り組むことだ。問題の解決から一歩を進め、次の積極的な活動に入ることを忘れてはならない。それはきっと上手くいく。

企業に限らず、日本の組織は従来なら考えられなかったような不手際を何度も起こしています。個々人がルールを守るという当たり前のところから、仕事のやり方を考えてみる必要があるのかもしれません。

言い出しっぺは失敗を認めるのに勇気がいりますから、第三者に見極めを任すというのも手です。こだわりがないので、あっさり失敗の烙印を押せます(笑)。

投資マネーは世界をぐるぐる回ってる。価格が上がりすぎたモノは売られるし、下がりすぎたモノは買われる。余っているモノは安くなるし、足りないモノは高くなる。マーケットにはいつもどこかに歪みがあって、そこにエネルギーが溜まっていく。それが一気に爆発すると……Boom! 大きなチャンスになるんですよ!

30年後、我々が何を売っているかはわからない。だが、それを我々が誰よりも多く売っていることは確かだ。

今後の地方活性化においては、スピードとスローをいかに組み合わせるかが求められます。たとえば現地までは新幹線でスピーディに行き、現地に着いたらゆっくり過ごす。地方にミニ都会を作るのではなく、いかにスローの魅力を提供できるかが問われるでしょう。

人間は知識ではなく行動で変わる。教養や知識を求めすぎる人は、バンジージャンプの台に座って、読書しているのと同じなんです(笑)。飛んだ1秒目はどうなって、ゴムが一番下まで伸びたらどうなるか。5cm踏み出せば分かることを、3か月かけて読んで、結局飛ばない。あまりにもったいないよ。

ページの先頭へ