森泉知行の名言|業界の知識や会社が置かれている環境をしっかり勉強することの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

正確な判断を下すためには、自分の業界の知識や、会社が置かれている環境をしっかり勉強しておくことが大前提です。そのうえで、判断材料をしっかり集め、全体と部分の両方をバランスよく見るのです。


森泉知行 の経歴

森泉知行、もりいずみ・ともゆき。日本の経営者。ケーブルテレビのJ:COMを運営するジュピターテレコムの社長。東京出身。上智大学外国語学部卒業後、住友商事に入社し、同社財務部門で為替や輸出入関連の業務に携わる。その後、カナダのトロント駐在を経て、ニューヨーク駐在員として米国住友商事投資事業部に勤務。PhoenixcorInc.会長、ジュピター・ショップチャンネル社長、ジュピター・プログラミング社長、ジュピターサテライト放送社長、住友商事理事、ジュピターテレコム社長付などを経て社長兼CEOに就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

語学でいえば、毎日勉強しているうちに、ふと外国人の会話がスーッと耳に入り、理解できる瞬間が訪れます。

大きな課題は、研究者自身の中にある「稼ぐことへのアレルギー」でしょう。工学部のように、実用化できる技術を開発しようという意識が先生方の頭にある学部は良いのですが、理学部は対照的です。「研究の目的は真理の探究であって、実用化などとんでもない」という先生もいらっしゃる。

どんな悪い習慣にも、必ずメリットがあります。それをどう置き換えればリバウンドせず、やめることができるのか。ぜひ一度考えてみてください。

負債の絶対額は基本的に問題ではなくて、償却前の営業利益に対して何倍まで借り入れるかが一番大事と思っています。

慣習でもおかしいと思うことは改める必要がある。

経験の浅い部下に仕事を任せるときは、寄り添うようなアドバイスや指導が必要です。私の場合は、仕事を任せるとき、まず最終的な到達地点を具体的にイメージできるよう説明し、納期を定めてスタートダッシュをかけ、次に中間地点で状況把握をするようにしています。

長期的な目標を達成するためにも、短期的な課題をクリアすることが極めて重要。

ページの先頭へ