森泉知行の名言|業界の知識や会社が置かれている環境をしっかり勉強することの大切さ

正確な判断を下すためには、自分の業界の知識や、会社が置かれている環境をしっかり勉強しておくことが大前提です。そのうえで、判断材料をしっかり集め、全体と部分の両方をバランスよく見るのです。

森泉知行 の経歴

森泉知行、もりいずみ・ともゆき。日本の経営者。ケーブルテレビのJ:COMを運営するジュピターテレコムの社長。東京出身。上智大学外国語学部卒業後、住友商事に入社し、同社財務部門で為替や輸出入関連の業務に携わる。その後、カナダのトロント駐在を経て、ニューヨーク駐在員として米国住友商事投資事業部に勤務。PhoenixcorInc.会長、ジュピター・ショップチャンネル社長、ジュピター・プログラミング社長、ジュピターサテライト放送社長、住友商事理事、ジュピターテレコム社長付などを経て社長兼CEOに就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分にとっての幸せの価値を見失わず、いつもたおやかな心で生きていこうとすること。それが理想の人生に近づくための心がまえではないでしょうか。

チェック式のアンケートは、お客様の満足度を数字に置き換えて集計することができます。しかし、その数字にはあまり意味がありません。むしろ、情報をデジタル処理することで、一人一人のお客様の顔が見えなくなる危険性が高いのです。弊社のアンケートはがきは、「旅行」と「サービス」という2つのテーマだけを設け、あとはお客様に自由に記述していただく形にしています。お客様に自由に書いていただくことを重視しています。

新人時代を振り返って、僕が誇れるのは三宅(裕司)さんを見つけた自分の眼力です。それだけは自分を偉かったなと褒められる。まあ、言い方を変えれば、他力本願の人任せなんですけど。まだ全然売れていないのに、「この人の行く方向に沿っていけば、なんとかなる」という思いは揺らぎませんでした。だから、僕は自分の信じるものを信じてただ前を向いて歩いていこうと。

これみよがしな接客は、嫌味な印象を与えます。あくまで、さりげなく。この塩梅が難しいのです。

経験上、自己否定は完治ではなくシャットアウトという対症療法が有効。シャットアウトに効果を発揮するのは没頭。それは、仕事かもしれないし、趣味かもしれない、友達と会うことかもしれないし、アイドルを応援することかもしれない、無料のゲームアプリかもしれないし、筋トレかもしれないし、新しい恋かもしれない。とにかく自分が「楽しい」と思えることで時間を埋めまくるのだ。それを何カ月も(何年も)続けて、いつのまにやら「あれ? そういえばあんまり考えなくなったな」という時が来ればしめたもの。

サンフランシスコは8月8日にグランドオープンしました。かの地でアイウエア文化を広めたい。アメリカは難しいからこそ、チャレンジしたい。

目の前のことに集中できなかったり、なんとなく「いつも何かに追われている」ような気がしている人は、放ったままにしてある小さな仕事や雑事を、一度すべて整理してみてください。

最も大切なことは、忍耐強く馬と接すること。甘やかすでもなく、理不尽に怒るでもなく。馬というパートナーは、まだ口のきけない子供と接するような思いやりの気持ちで接するのがいいと思います。気まぐれな演技をしたりミスしたりしたときは怒る。よくできたときは褒めてやる。その積み重ねで、狙い通りに馬が動いてくれれば、馬も人間もハッピー。目標に向かって二人で進歩しようと努力する関係が面白いんです。

生きるまでいきたらば、死ぬるでもあろうかと思う。

「営業はお客様に断られても喜べるようになって一人前」とよくいわれます。それは、打たれ強くなって無神経に図太くなるということではありません。積極的に訪問し、すべて肯定的に切り替えることで、積極的に再アプローチできる心が養われていくのです。

ページの先頭へ