森泉知行の名言|業界の知識や会社が置かれている環境をしっかり勉強することの大切さ

正確な判断を下すためには、自分の業界の知識や、会社が置かれている環境をしっかり勉強しておくことが大前提です。そのうえで、判断材料をしっかり集め、全体と部分の両方をバランスよく見るのです。

森泉知行 の経歴

森泉知行、もりいずみ・ともゆき。日本の経営者。ケーブルテレビのJ:COMを運営するジュピターテレコムの社長。東京出身。上智大学外国語学部卒業後、住友商事に入社し、同社財務部門で為替や輸出入関連の業務に携わる。その後、カナダのトロント駐在を経て、ニューヨーク駐在員として米国住友商事投資事業部に勤務。PhoenixcorInc.会長、ジュピター・ショップチャンネル社長、ジュピター・プログラミング社長、ジュピターサテライト放送社長、住友商事理事、ジュピターテレコム社長付などを経て社長兼CEOに就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

まずは採算性の向上。昨年度に導入した新システムで、取引先ごとの採算管理が綿密にできるようになりました。今までは、どんぶり勘定のような面もありましたが、物流費などコストが上昇しており、これからは売り上げと同時に採算性をより重視します。

佐々木淳一の名言|採算管理を綿密にする


人事とはやはり経営そのものだと思います。従って人材像を描くときは、企業の経営観を頭に入れて考えるべきだと思います。この経営観とそれに適した人物像をどの程度クリアに共通認識できるかが非常に大事なことではないかと思います。

柳弘之の名言|人事とは経営そのもの


企業において掲げられる数字には、コミットメント(達成責任)が伴うというのが私の考え方です。予算にせよ、ノルマにせよ、決まった以上は単なる努力目標ではなく、必達目標でなければなりません。

加藤壹康の名言・格言|数字目標は必達目標でなければならない


変化の時代に苦労の連続でしたが、変化に対する私の姿勢も時代とともに変わりました。国鉄のころは「変化に対処しよう」なんて言っていました。その程度でよかったんです。通信業界に入って「変化に即応しよう」。いまは「変化をチャンスとして受け止めてチャレンジしよう」です。黙っていても変化は起こるのだから、身を縮めて待つのではなく、自分から作り出せと。

林義郎の名言・格言|変化は黙っていても起こるので、待つよりも率先して変化する


サービスとホスピタリティーが融合して初めて顧客満足に結びつく。

敷田正法の名言|サービスとホスピタリティーが融合して初めて顧客満足に結びつく。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ