魚谷雅彦の名言|相手をインスパイアするための2つのステップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

卒業間近になったとき、非常に印象的な言葉を教わりました。相手をインスパイアするために有効なコミュニケーションの方法の第一は、まず相手の言葉を聞くこと。第二は、自分自身が情熱的に生きていることだと。自分に情熱がなかったら、相手がインスパイアされることなんてあり得ないのだと教わりました。
【覚書き|アメリカのコミュニケーション学校のデール・カーネギー・スクールに通った当時を振り返っての発言】


魚谷雅彦 の経歴

魚谷雅彦、うおたに・まさひこ。日本の経営者、マーケッター。「日本コカコーラ」会長、「資生堂」社長。奈良県出身。同志社大学卒業後、ライオンに入社。コロンビア大学でMBA取得。ヨーロッパの食品メーカーに移るも、買収されチーズメーカーのクラフトに転籍。その後、日本コカコーラに移り、数々のマーケティングキャンペーンを成功させヒット商品を生み出した。上級副社長を経て社長に就任。そのほか、資生堂社長などを務めた経営者。著書に『こころを動かすマーケティング―コカ・コーラのブランド価値はこうしてつくられる』『会社は変われる! ドコモ1000日の挑戦』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は毎日、何百回となく自分の精神と肉体がすでに亡くなった人々や、生きている人々の労働によって支えられていることを思い返している。だから、私も同じように人々のために献身しなければならないのだ。

人に会うときには、実は面白い話があるんですよと自分から進んで切り出せるようにしよう。自分をネタにしたものが一番良い。これを「セルフ・デプリケーティング・ユーモア(自分をバカにするユーモア)」と呼び、相手に最も喜ばれるユーモアであることがわかっている。笑いを取って行こう。あなたは今まで以上に好かれる人になれるはずだ。

心の中の憤りをなくし、憤りを表情にださぬようにし、他の人が自分と異なったことをしても怒ってはならない。人それぞれに考えがあり、それぞれに自分がこれだと思うことがある。相手がこれこそといっても自分はよくないと思うし、自分がこれこそと思っても相手はよくないとする。自分はかならず聖人で、相手がかならず愚かだというわけではない。皆ともに凡人なのだ。

「こんなことを言ってあげれば、きっと、この人は喜ぶだろうな」という洞察力を身につけることは、対人関係をスムーズにするための秘訣である。こういう洞察力は、知性に他ならない。知性のない人は、人たらしになろうとしても、うまくできない。

人間関係における問題のほとんどは、曖昧な期待、あるいはお互いの期待像の相違に端を発している。仕事で誰が何をするかという問題にせよ、誰が部屋を掃除し、誰が魚にえさを与え、誰がゴミを出すかという問題にせよ、不明瞭な期待像が誤解、失望、積み重ねた信頼の減少に結び付いていることは間違いない。

多くの言葉で少しを語らず、少しの言葉で多くを語れ。

機嫌の悪い相手からは、距離を置くのがルールである。機嫌が悪い奴は、みさかいなく吠えかかる犬と同じで、手が付けられない。無理になだめようなどとして近寄っていくと、とんでもない目に遭うこともある。なだめる役は、別の人にやってもらえばよいのであって、あなたが火中の栗を拾う必要はない。

ページの先頭へ