白石達の名言|損失から学ぶことの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

損失を出した分、契約でリスク管理をする重要性を学びました。これからは海外が舞台でも十分に戦えます。
【覚書き|ドバイで受注した都市交通システム建設工事で巨額の損失を計上したことを振り返っての発言】


白石達 の経歴

白石達、しらいし・とおる。日本の経営者。建設会社の大林組社長。大阪出身。東京大学工学部建築学科卒業後、大林組に入社。建築部門でオフィスビルや工場などの建設工事を担当し、取締役、東京建築事業部副事業部長、常務取締役、常務執行役員、専務執行役員東京建築事業部長などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ものづくりに対する強い意識は両社に共通するものです。ビームでも日本同様に品質の高い商品を出すために、「改善」と「向上」をより意識するようになりました。サントリーと組むことで「いいものづくりができる」という認識がビームでも広がったことは、大きな効果だと思います。

私は、読み終えたらいったん本を閉じ、そこに何が書いてあったかを頭の中で思い出して、それらが自分の生活や人生にどのように反映させられるかを考えるようにしています。

お客様目線に立ったとき、積水ハウスグループとして何ができるのかを考え、愚直に取り組んできた成果がここに来て表れている。

僕は作家人生で初めて刊行前の原稿を2人の友人に読んでもらい、感想を聞きました。彼らは「本はたまに読むけど文芸誌を読むほどではない」という人たち。編集者と友人たちの両方に指摘されたところは潔く直し、編集者に「直せ」と言われても友人たちが「そこが面白いのに」というところは戦って残しました。

環境の変化が激しい中で、化学メーカーが時代の先端を行くためには、スピード感が最も重要であり、社員の時間のベクトルを合わせる必要があります。たとえば、高機能素材や新分野での触媒技術を含むR&D(研究開発)では、従来は期限を切ることはありませんでした。しかし現在は、2年単位でそれまでの研究成果と将来の顧客ニーズを検証し、改めて時間軸の目標を設定するようにしています。

5時間睡眠でも全く平気な人もいますし、ストレスをものともしない人もいます。しかし、誰もがそういう鉄人ではありません。個人差があります。「同僚はつらくても頑張っているんだから」といった考えで無理をすると、必ずいつか破綻します。自分の体力や精神力を過大評価せず、必要な休息をとっていくことが大切です。

私としては自由競争はいい、差が出るのも構わない、けれど次世代のことを考えると、階層の固定化は避けたいという思いはあります。だから、階層が固定化されていることすら気づかずに、自分らしさを追求するといっている人たちに、自分たちが置かれている状況に気づいてほしい。

僕は一休という会社を未来永劫、残していきたいと考えたんです。僕がやっても、そこそこ成長したと思う。でも、ヤフーさんの方が資金も人材もトラフィックもある。会社の未来を冷静に考えると、そっちの方が生き残る確率が高まると考えたんです。
【覚え書き|一休をヤフーに売却したことについての発言】

自己プロデュースということには、徹底してこだわってやってきました。たとえば「必ずキャップをかぶって丸メガネをかけ、ヒゲを生やす」というのも、それが単に好きだから始めたわけではなく、自己プロデュースを意識して始めたことなのです。

会社の経営者や組織のトップでも、人前でスピーチをするならば、ぜひ次の4ポイントを守ってください。スピーチに圧倒的な力が宿ります。

  1. 出だしのユーモア
  2. たっぷりの声量
  3. 颯爽とした姿勢
  4. 最初に大きな微笑みを浮かべ、最後までキープ

ページの先頭へ