高田純次の名言|日本人はいい意味でもう少し気楽に、適当に生きていいんじゃないか

適当男と言われている僕が言うと、自分を正当化しているようでなんだけど、日本人はいい意味でもう少し気楽に、適当に生きていいんじゃないかと思う。

高田純次 の経歴

高田純次、たかだ・じゅんじ。日本のタレント。東京都出身。東京デザイナー学院卒業後、アルバイト生活を経て劇団「自由劇団」に研究生として入団。その後退団しイッセー尾形とともに劇団を結成するも半年で解散。26歳で宝石会社トキモトに入社。ジュエリーデザイナーとして活動したのち、30歳で退社し劇団「東京乾電池」に入団。その後、テレビやラジオなどで人気者となった。主な著書に『適当論』『人生の言い訳』『適当日記』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

強者は頭がよく自信もありますから、自分のノウハウ以上に枠を広げるのが苦手です。一方、弱者は何千人もの強者の情報を、躊躇することなく自分の中に取り込める。

大坂靖彦の名言|弱者の強み


時間を損切りできず、チャンスを逃してしまう人が少なくありません。株式投資では、保有株の株価が下がったときに損を承知で確定させるのはもったいない気がしますが、そこが落とし穴です。下がり続ける株に固執するより、見切りをつけて他の有望株に資金を移したほうが、トータルで儲かる可能性は高くなります。これは時間も同じです。

佐藤孝幸の名言|株と同じく時間も見切りをつけて損切りすべき


賛否も含めて様々な人たちと意見交換をし、より良い社会の実現に汗を流していきたい。

小林喜光の名言|様々な人たちと意見交換をし、より良い社会の実現に汗を流していきたい


私は根本的に古くならないものが経営理念だと思っています。確かに言葉の上では古くなりますが、創業者がその時に置かれている立場で発した言葉は、根源的なものだと思うのです。

柳井正の名言|古くならないものが経営理念


マイクロソフト時代、会社からとんでもなく高い営業目標を与えられたときや、失敗をしてヘコむことは多々ありました。ただ忙しすぎて、いつまでもヘコんでいられない状況にありました。それで、ヘコんでも、すぐに気持ちを立て直す方法を自分で編み出さざるを得なかったのです。

田島弓子の名言|ヘコんでいられない状況に追い込むことの重要性


仮説構築は難しくありません。世の中で起きることは、たいてい常識の範囲内。突拍子もないことなど、なかなか起こりません。過去にビジネスの世界で起きたことを知っていれば、大方の予想はつきます。

植田統の名言|世の中で起きることは、たいてい常識の範囲内


子供の頃から僕はみんなから愛されるタイプの人間じゃなかった。急に注目を浴びたことで、みんなの期待に応えようとし過ぎているんじゃないか。もちろん読みやすくするための努力はするけれど、結局は自分の思うものをつくるしかない。そんな当たり前のことに気付いた。

又吉直樹の名言|読みやすくするための努力はするけれど、結局は自分の思うものをつくるしかない


都市伝説が怖いのは、虚構が現実の側に侵食してくるような気がするからですよね。どんなに他愛ない話であっても、人から人に伝えられていくうちに、妙な実在感が備わっていく。まるでお話自体が生きて、意思を持っているみたいです。

澤村伊智の名言|どんなに他愛ない話であっても、人から人に伝えられていくうちに、妙な実在感が備わっていく


もっとよい15セントのハンバーガーを、迅速なサービスを、もっと清潔な場所を提供し続けることができないのなら、明日破産して、別のビジネスを最初から立ち上げた方がましだ。

レイ・クロックの名言・格言|目指す理想が実現できないなら、別のビジネスを一から立ち上げた方がまし


人は崖っぷちに追い込まれると力が出る。だから、仕事の効率を上げたいと思っている人は、とにかく先に引き受けること。やりますと頷いた以上、スイッチを入れざるえをない。そういう状況で心の奥底から出てくる火事場の馬鹿力こそ、人の持つ超能力だ。

Mr.マリックの名言|人は崖っぷちに追い込まれると力が出る


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ