高田純次の名言|日本人はいい意味でもう少し気楽に、適当に生きていいんじゃないか

適当男と言われている僕が言うと、自分を正当化しているようでなんだけど、日本人はいい意味でもう少し気楽に、適当に生きていいんじゃないかと思う。

高田純次 の経歴

高田純次、たかだ・じゅんじ。日本のタレント。東京都出身。東京デザイナー学院卒業後、アルバイト生活を経て劇団「自由劇団」に研究生として入団。その後退団しイッセー尾形とともに劇団を結成するも半年で解散。26歳で宝石会社トキモトに入社。ジュエリーデザイナーとして活動したのち、30歳で退社し劇団「東京乾電池」に入団。その後、テレビやラジオなどで人気者となった。主な著書に『適当論』『人生の言い訳』『適当日記』など。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ