高田純次の名言|日本人はいい意味でもう少し気楽に、適当に生きていいんじゃないか

適当男と言われている僕が言うと、自分を正当化しているようでなんだけど、日本人はいい意味でもう少し気楽に、適当に生きていいんじゃないかと思う。

高田純次 の経歴

高田純次、たかだ・じゅんじ。日本のタレント。東京都出身。東京デザイナー学院卒業後、アルバイト生活を経て劇団「自由劇団」に研究生として入団。その後退団しイッセー尾形とともに劇団を結成するも半年で解散。26歳で宝石会社トキモトに入社。ジュエリーデザイナーとして活動したのち、30歳で退社し劇団「東京乾電池」に入団。その後、テレビやラジオなどで人気者となった。主な著書に『適当論』『人生の言い訳』『適当日記』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現状維持を続けて衰退していくのか、もしくは変革し続けてまた次の30年、そしてその次の30年も生き延びていけるのか、という転換期にある。

杉原博茂の名言|衰退するか生き延びるかの転換期という意識を


収支把握は必須。収入がわからなければ使える限度も見えず、支出がわからなければ貯蓄できているか否かもわかりません。ところが、それができていない人は意外と多い。

八ツ井慶子の名言|収支把握は必須


生き物も組織も絶対に老化する。成長と老化の曲線はきれいな放物線ではなくて、一気にピークまで来て、それから徐々に落ちていく。

宮坂学の名言|生き物も組織も絶対に老化する


人が考え、生みだし、そして改善することでより良いものをつくることができる。ものづくりを支えるのは、高い意識と志の大きさ。そのためにも人材育成は大変重要。

高橋新の名言|ものづくりを支えるのは、高い意識と志の大きさ


上司である以上、叱るときは叱る必要があります。組織を束ね、部下を管理するという役割を果たさなければならない。部下の怠慢や規則違反、ミスなどに対して、モノを言えないのはダメ。ただし、「怒る」のではなく、「叱る」。怒るは感情的な行動。自分の興奮を静めるための行為だから、部下も受け入れません。「あの人はすぐにキレる」とナメられます。だから、上司は部下を叱るべき。相手の成長のために、不適切な行為を指摘するのです。

古川裕倫の名言|「怒る」のではなく、「叱る」


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ