ハンス・アンダーソンの名言|部下の失敗を叱るより、チャレンジした姿勢を褒めることの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

何度も連続して大失敗をしたら、話は別かもしれませんが、1回の大失敗で責められることはありません。これはアーリン(創業者のアーリン・パーション)が社長だった時代、腕利きのバイヤーが仕入れたニットがまったく売れずに、多額の損失を出したことがありました。さすがにバイヤー本人はクビを覚悟していたのですが、アーリンから呼び出される気配はない。とことが、忘れたころに突然呼び出しがかかったそうです。アーリンは責めるわけでもなく「次のシーズンは何が来ると思う?」と尋ねたそうです。そして、ひと通り話したあと「あのニットが売れていたら、きっと大きな利益を生んだに違いない。私はそれを理解している」と言いました。

ハンス・アンダーソン の経歴

ハンス・アンダーソン。スウェーデン出身の経営者。スウェーデンのアパレルメーカーのヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)の外国法人の社長を歴任し、同社の躍進に貢献した経営者。スウェーデンで2番目に古い歴史を持つルンド大学卒業後、海運会社を経てH&Mに入社。同社のスウェーデン法人社長、ドイツ法人社長、韓国法人社長などを務めた。ドイツ法人社長時代は、12年間指揮をとり、店舗数を5倍に拡大し、同社最大の市場に育てた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ名言

ページの先頭へ