家本賢太郎の名言|叱るときは相手が間違いを気づくように

経営理念をスローガンのように振りかざして、社員を追い詰めることはしません。叱るときでも、「あなたが間違っていたでしょ」と認めさせるのではなく、理念やビジョンを根拠に、八割はこちらからさりげなく注意します。残り二割は相手に気づいてもらうよう心がけています。

家本賢太郎 の経歴

家本賢太郎、いえもと・けんたろう。日本の経営者。クララオンライン創業者。愛知県出身。中学生時代、脳腫瘍の除去手術の後遺症により車椅子生活となり、入院中にパソコンと接するようになりITの道に目覚める。15歳でレンタルサーバーサービスをメイン事業とするクララオンラインを設立。その後、慶應義塾大学環境情報学部に入学。奇跡的に両足の運動神経が回復し車椅子生活から脱する。慶應義塾大学を中退し、早稲田大学大学院スポーツ研究科を卒業。株式会社スポーツITソリューションを設立し会長を務めた。主な著書に『僕が15で社長になった理由』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最近は、上司が部下を叱るのを避ける風潮があるようです。しかし、叱ることができないのは、信念も思いも希薄な証拠です。リーダーが叱らざるをえないときに叱らないと、組織は弱体化します。

稲盛和夫の名言|叱ることができないのは、信念も思いも希薄な証拠


私が部下を叱るときにいつも心がけていたのは、会社の制度を利用することでした。たとえば成績が悪いことを叱らなくてはいけない場合、「会社の評価制度がこうだから、評価はこうなる」と淡々と指摘します。客観的な基準を用いれば、個人的な好き嫌いと関係なく、不本意ながら叱らざるをえないということが伝わります。一方、褒めるときは、自分の言葉で評価したほうが部下も喜んでくれる。これを逆にする上司は、たとえ正しい評価をしていたとしても部下になかなか理解してもらえないでしょう。

岩本隆の名言|叱るときは客観的基準で、褒めるときは自分の言葉で


相手のことを考えて「叱る」つもりが、話しているうちに感情的になり、いつの間にか「怒る」になってしまう人も多い。つい感情的になって相手の人格を否定するような言葉が口から出てきて、部下はショックを受けてしまう。そうならないためにも、事前に頭を整理しておく方法は有効です。相手に逃げ道をつくっておくことも忘れないようにしましょう。

門昌央の名言|叱るときにすべきこと


部下を叱るというコミュニケーションの場で起こりがちな問題は、そこに上司の感情が入りすぎてしまうことです。基本的に人は感情をぶつけられると苦しく感じるものです。ただし、受け取る側が理解し、コントロールできる範囲の感情であれば心地よく感じることもあります。体育会系で先輩に殴られても感謝しているような人はその極端な例でしょう。

最上悠の名言・格言|部下を叱るときには感情を抑えて行う


何度も連続して大失敗をしたら、話は別かもしれませんが、1回の大失敗で責められることはありません。これはアーリン(創業者のアーリン・パーション)が社長だった時代、腕利きのバイヤーが仕入れたニットがまったく売れずに、多額の損失を出したことがありました。さすがにバイヤー本人はクビを覚悟していたのですが、アーリンから呼び出される気配はない。とことが、忘れたころに突然呼び出しがかかったそうです。アーリンは責めるわけでもなく「次のシーズンは何が来ると思う?」と尋ねたそうです。そして、ひと通り話したあと「あのニットが売れていたら、きっと大きな利益を生んだに違いない。私はそれを理解している」と言いました。

ハンス・アンダーソンの名言|部下の失敗を叱るより、チャレンジした姿勢を褒めることの重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ