勝俣宣夫の名言|経営戦略を全員に浸透させることの重要性

丸紅では、経営戦略、経営管理システムを全員に浸透させています。それらを頭に入れながら、自らのビジネスモデルをつくりあげ、実行できる人材が必要なんです。

勝俣宣夫 の経歴

勝俣宣夫、かつまた・のぶお。日本の経営者。大手商社の丸紅会長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、丸紅飯田(のちの丸紅)に入社。印刷用紙部長、紙パルプ本部副本部長、紙パルプ本部長、取締役物資・建設部門統轄役員補佐、取締役物資・建設部門統轄役員、常務取締役物資・建設部門統轄役員、常務取締役秘書部人事部経営企画部担当役員、資材・紙パルプ部門管掌役員、投融資委員会副委員長・委員長、などを経て社長に就任。社長時代には5年連続最高純利益を達成し、ハーバード大学が選ぶ「業績・株価の向上に貢献した世界のCEOベスト100」に選出された。また、経済同友会副代表幹事、日本経団連副会長なども務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いまどき部下を誘って飲みに繰り出す上司は、「時代遅れのオヤジ」と言われるのかもしれませんが、とにかく日ごろの付き合いを密にして情報を頭に入れておかないと、本当の勝負どころは見極められません。

豊田泰光の名言・格言|時代遅れと言われようとも、部下と飲みニケーションをする


分析型の社員は慎重な性格で秀才タイプ。頭が良い分だけ、いろいろなデータを集めて一生懸命に分析したがる。そのために決断のタイミングを逃してしまう。これでは彼の下についている者は振り回されっぱなしで、たまったものではない。

重茂達の名言|分析型の人は決断のタイミングを逃してしまう


精神論だけでは会社経営はうまくいかない。

斎藤保の名言|精神論だけでは会社経営はうまくいかない


冒険性の低い企画は、通常なら「安全策」でしょう。しかしエンターテインメント業界では、当たり障りのないアイデアは陳腐さを意味し、逆にリスクを増大させることがあります。

上野和典の名言|エンターテインメント業界では、当たり障りのないアイデアはリスクを増大させる


男って結構嘘つきが多いでしょ(笑)。プライドが高かったり、恥をかきたくないから、いやに威張って見栄を張る。素直じゃない。でも、僕は相手に信頼してほしいから、絶対嘘は言わないぞと思ってるんです。自分が失敗したときは、相手がまだ若いスタッフでも素直に謝ります。

伊藤隆行の名言|見栄を張らないことが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ