杉村太郎の名言|努力するより夢中になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワクワクできるものなら勝手に身体が動くし、むしろ止めようと思ったって止まらない。僕が努力しているように見えたとしたら、それは夢中になるものを好きでやっているだけなんです。


杉村太郎 の経歴

杉村太郎、すぎむら・たろう。日本の経営者。ジャパンビジネスラボ創業者。慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業後、住友商事を経て、大東京火災海上保険(のちのあいおいニッセイ同和損害保険)へ入社。その後独立し、ジャパンビジネスラボを設立。ハーバード大学ケネディ行政大学院卒業。そのほか、ハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所研究員、ラジオパーソナリティなどを務めた。高校時代からバンド活動をしておりシングル4枚、アルバム3枚を発売した。主な著書に『ハーバードケネディスクールでは、何をどう教えているか』『TOEIC900点・TOEFL100点への王道』など。著書『絶対内定』シリーズは累計130万部を記録した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

富は小さな努力が、大きな成果を生む時にもたらされる。
貧は大きな努力が、小さな結果しか生まない時にもたらされる。

一番いけないのは、頑張らないでただ「欲しい欲しい」と言っていること。それではなにも起きませんし、なにもできません。

客観的に判断すれば、情熱的な努力によって人が真実からもぎとるものはとても小さい。しかし、この努力は自己という束縛から私たちを解放し、最も偉大な人々の一員にします。

最も困難な仕事は、一回きりの爆発的なエネルギーの発散や努力ではなく、最善を尽くして日々努力し続けることによって達成されることを覚えておいてください。

運命とはチャンスの問題ではない。それは選択の問題である。運命とは待つものではなく、獲得するものなのだ。

「できない」「もうこれでいい」「やるだけやった」と言うな。「これでもやり足りない」「いくらやってもやり足りない」と思え。一心不怠に努力すれば、努力した分だけ必ずよくなる。

勇気、体がどんなに弱っていようとも精神で打ち勝ってみせよう。25歳、それは男たるすべてが決まる年だ。悔いを残してはならぬ。

ページの先頭へ