川西勝三の名言|60歳からが人生の華

このエントリーをはてなブックマークに追加

60歳からが人生の華です。いままで培ってきたことを土台にし、人生の生き様に挑戦し続けていきたい。


川西勝三 の経歴

川西勝三、かわにし・しょうぞう。日本の経営者。計測機器メーカーの大和製衡社長。甲南大学経済学部卒業後、大和製衡に入社。取締役、常務、常務取締役営業本部長、専務取締役、専務取締役営業企画担当、副社長などを経て社長に就任。バブル崩壊で悪化した同社の改革を行いV字回復させた経営者。学生時代、全日本学生馬術チャンピオンを獲得している。また60歳を過ぎてから馬術と音楽を再開し、馬術では国体に4度出場し、自分よりずっと若いプロ選手たちが参加する中、すべての大会で入賞、2007年大分国体で全国3位を獲得。音楽ではサックスでプロと一緒にホールライブを数多く行った。スポーツの目標達成技術を経営に応用する「スポーツ経営」を提唱している。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

発音が下手でもいいので、流行の言い回しなどでなく、品のある言葉遣いを心がけるべきでしょう。

昨日まで努力を重ねてきたからといって、それが明日の安全を保証することにはならない。

先輩から後輩へ、宝塚の伝統をリレーしていくという意識をみんなが持っています。そして新しいトップスターが、時代に即した舞台をつくり上げていく。宝塚が100年続いている要因の一つはここにあると思います。

私は一日中、いつもワクワクしているんです。なぜなら、自分が本当に愛してやまない人たちと一緒に、自分が本当に愛する仕事をしているのですから。

たとえ5つのうち、4つは外れても、1つ当たればいいと挑戦し続ける。そんな商品を次から次へと提供するのがファミリーマートの目指すコンビニエンスストアの姿なのです。

海外ドラマは表現の宝庫です。海外ドラマを観るときは、日本の教科書には載っていないネイティブが使っている表現に注目します。すると、すごく役立つんです。たとえば、ある海外ドラマのリポーターが話していたのを聞いていた中で、すごく使えるフレーズがあった。いまでは外国人にインタビューするときの鉄板のフレーズになっています。

自分が出した数字がどのデータに基づいているかを説明するのはもちろん、相手が出してきた数字についても「それは主観か?それとも事実か?」を必ず確認してください。根拠を示さないまま「絶対に500件はいけると思う」などと主張する人が良くいますが、それが単なる思い込みなら、建設的な議論は成立しません。「500件は無理でしょ」「いや、大丈夫だって」といった水掛け論が延々と続くだけです。

ページの先頭へ