鎌田和彦の名言|成功談のほとんどは理由を後付けしているに過ぎない

極端な話、世にある成功談のほとんどは、成功した理由を後付けしているにすぎません。つまり、確実な成功法則なんてどこにもないし、成功した経営者のほとんどは、成功を目指して頑張っているときは、目の前のことに取り組むだけで精一杯というのが現実じゃないでしょうか。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若いころは流行を追いかけることによってセンスが更新されていきますが、年を重ねると、それまでに培ってきたセンスをもとにものごとを判断するようになっていきます。その曲がり角はだいたい20代半ばなのではないでしょうか。ですから僕自身は、自分の着たいものではなく、いま流行っているものを意識して着るようにしています。食にしても、インテリアにしても同じです。自分が食べたいものよりも、話題になっているお店にいくことを優先するようにしています。

水野学の名言|自分のセンスより、流行っているものに目を向ける


経営者として心がけたことは、他社がやらない技術と製品を、他社より早く手がけさせ、他社よりも早く結果を出させることでした。開発に必要な装置はすべて買い与えました。現場から要求がなくても、必要な装置は私自ら提案しました。

安川英昭の名言・格言|経営者としてできることは、社員が良い仕事ができる環境を整える


どれほど天才的なビジネスパーソンでも、将来への見通しをすべて的中させることはできません。決断しても、それが裏目に出ることは大いにあります。しかし彼らは決断が早い分、撤回も早い。周囲を振り回すことになりますが、傷口を最小限に抑え、しかも短期間のうちに失敗の経験を蓄積し、また素早い決断で再生を期すことができます。このサイクルの繰り返しが、より大きな決断を可能にさせているのです。

齋藤孝の名言|失敗したと思ったらすぐ撤回することが重要


行動しなさい。行動なくして変革はない。

オグ・マンディーノの名言|行動なくして変革なし


大使というのは、わりと注目してもらえるので、積極的に相手国の催し物に顔を出して、シンポジウムで発言をして、いろんなレベルの人たちと知り合いになれるのです。問題が起きなければ、最終的に使わない人脈かもしれませんが、それはそれでいいのです。でも何か起きた時に、機敏に動けることが重要です。

近藤誠一の名言|問題が起きなければ、最終的に使わない人脈かもしれませんが、それはそれでいい


そこ(自分が目指す給料の額や役職)に行き着くまではペコペコしておいた方がいい。少なくとも横柄な態度はよくありません。ペコペコといっても、卑屈にならない範囲で丁寧に接しましょうということです。何といっても、人事権と受け取り給料の査定は上司が握っているということを忘れてはなりません。家計を考えた場合、ビジネスパーソンにとってのお客様、それはお金をくれる上司と会社であると考えることが大切です。

金児昭の名言・格言|金児流ペコペコ哲学


お金の管理は、基本的なことですが、家計簿を付けるのが一番です。ただし、毎日となると大変。月一回、シンプルな形の家計簿を付けていけばいいでしょう。これによって、一カ月の収支がプラスかマイナスかが分かります。また、項目ごとの支出を把握することで対策も立てやすくなる。体重管理と同じで、状況が可視化されるとモチベーションも上がります。

菅井敏之の名言|状況が可視化されるとモチベーションも上がる


超一流の仕事といえるのは、つまるところ、自分の仕事や人生にどこまできちんと向き合えたかじゃないでしょうか。

渡辺謙の名言|超一流の仕事とは


戦略2割、実行8割。少々戦略が間違っていたとしても、実行のほうが仕事をしていくうえで大事。きちんとやるべきことをやり遂げていくことが大事。

永野毅の名言|少々戦略が間違っていたとしても、実行のほうが仕事をしていくうえで大事


その人材に素質があるとわかったら、その素質を伸ばせる環境をつくります。優秀な先輩の仕事ぶりを見て学べる環境、必要なら少し指導を受けられる環境を整えます。そして、本人が力をつけたことを確認したとき、初めて仕事を任せます。

澤田秀雄の名言|仕事を任せるより先に素質を伸ばせる環境をつくることが重要


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ