鎌田和彦の名言|成功談のほとんどは理由を後付けしているに過ぎない

このエントリーをはてなブックマークに追加

極端な話、世にある成功談のほとんどは、成功した理由を後付けしているにすぎません。つまり、確実な成功法則なんてどこにもないし、成功した経営者のほとんどは、成功を目指して頑張っているときは、目の前のことに取り組むだけで精一杯というのが現実じゃないでしょうか。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世間に名の通った有名な人のアイデアは表に出やすいものですが、そうではない人たちであっても面白いアイデアを持っていらっしゃいます。彼らのアイデアを世の中に浸透させる仕組みを構築し、表に出せるようなビジネスモデルを作ることが重要なのです。

経営トップに必要な要素は3つ。「手腕・力量が十分であること」「識見が備わっていること」、そして最も重要なのが「人徳があること」。

1、2番しか憶えてもらえない。だからこそ、ナンバーワンにならなければいけない。

「すぐやる」人のなかには、いろんなことに手を出しすぎてかえって結果が出ないというタイプも存在します。ビジネス書に書いてあるノウハウを次から次へと試しているのだけれど、いつまで経っても変わらない……なんて人もいるのではないでしょうか。そういう人は、一度立ち止まって、焦らずひとつの方法でじっくり腰を据えて取り組んだほうが、うまくいくのではないかと思います。

私は特異な家庭に育ち、またメディアの中枢にいる人間だからこそ、情報の発信過多は、出る杭は打たれる危険性があると本気で思っています。

利他の心を持ってお客様に尽くすことが、自分の成長にもつながる。

事業が軌道に乗らなければ、当然、大赤字。馬鹿力を引っ張り出して黒字にしないと、大変なことになります。が、新しいことに挑戦したいという欲のほうが上回ってしまうから、やらずにはいられない。私はホントに大馬鹿です。

ページの先頭へ