鎌田和彦の名言|成功談のほとんどは理由を後付けしているに過ぎない

このエントリーをはてなブックマークに追加

極端な話、世にある成功談のほとんどは、成功した理由を後付けしているにすぎません。つまり、確実な成功法則なんてどこにもないし、成功した経営者のほとんどは、成功を目指して頑張っているときは、目の前のことに取り組むだけで精一杯というのが現実じゃないでしょうか。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「今、ここ」のことだけを切り取って、時間的にも空間的にも限られた状況で最適化する思考。これは「担当者」の思考です。長い時間軸を持って、広い視野で考えられるのが経営者。

よく、自分を信じることが大切というけれど、素のままの自分ほど信じられないものはありません。自分の中には、楽をしたい自分や虚勢を張りたい自分もいます。とてもそのままで信じられるような奴じゃないですよ。目標を立ててそれを達成していくというのは、そういう多様な自分とコンタクトを取っていく作業なんです。当然、上手くいかないことだってある。でも失敗を重ねながらいろんな自分とやり取りをすることで初めて「自分との信頼関係」ができてくるんです。

人に対して正しく賢明な助言をすることはできる。しかし、自分が正しく賢明に振る舞うことは難しい。このことわざには真実がある。

会社とはあくまで儲けるための団体である。血みどろの戦いの場である。楽しみ自体に目的を持たれてはたまったものではない。楽しみを追っかける小市民的な夢に安住している人間を、私はビジネスマン失格者と見なす。安閑としていては、会社の成長についていくことは難しい。口うるさいほどに言いたいのは、会社とは欲と二人連れの儲けるための団体である。この儲けの精神を忘れた時、すべてのサラリーマンは失格者として進歩から見放されるであろう。

経営者がいくら旗振りをしても現場が動かなければ回っていかない。だからまず大事なのは現場。

「明日、僕のプレゼンに質問が出ないといいけれど……」と思う日本人は多いものですが、質問をネガティブな行いだと思うのは誤解です。建設的な内容であれば多く質問が出たほうが、より的が絞られ、不明点は質疑応答の中で自然に解決され、よりいい仕事や企画に仕上がっていきます。相手の話をよく聴いて、質問は個条書きに絞って、短く、的確に訊くこと。そして、答えるほうも的を絞って答えることが肝心です。

成功とは未来にあるのではなく、いま目の前にある仕事をしっかりやるということです。エクセレンス(卓越性)を生み出すことが、われわれの仕事です。

何の成果も出してないのは、何もしてないのと一緒。

仕事の効率化の方法は簡単。いったん、すべての仕事を放棄してみればいい。そして、その中で「会社が存続するために、絶対にやらなければいけないこと」だけをやる。

自分の会社のミッションや目標が分からなければどこに向かって仕事をすればいいのかわからない。

ページの先頭へ