鎌田和彦の名言|成功談のほとんどは理由を後付けしているに過ぎない

極端な話、世にある成功談のほとんどは、成功した理由を後付けしているにすぎません。つまり、確実な成功法則なんてどこにもないし、成功した経営者のほとんどは、成功を目指して頑張っているときは、目の前のことに取り組むだけで精一杯というのが現実じゃないでしょうか。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私はマネジメント力の基本は組織内の情報を集約する力、チームとしての総合力を生かす力、そして全責任を引き受ける決断力だと思っています。

宮田孝一の名言|マネジメント力の基礎とは


相手の聞く気を引き出すには、「他とは何かが違う」という差別化ポイントを説明することも大切です。映画のストーリーを長々と説明されても、相手は飽きてしまいます。わざわざその映画について話したくなるということは、一般的な作品とは違う何かがあったはずですから、「他と違ってここが面白かった」という点に焦点を絞って説明すれば、より相手に聞きやすい説明になります。

鶴野充茂の名言|会議やプレゼンでは、他とは違う部分に焦点を絞って説明する


以前「月曜日が来るのが憂鬱だ」と言っている人がいて、驚いたことがあります。僕はオフのときはいっさい仕事のことは考えないようにしていますが、オフィスでは良く働きます。仕事をあまり仕事と思ってやっていないからかもしれません。それくらい、いまの仕事が好きなのでしょうね。

永井一史の名言|仕事を仕事と思ってやらない


計画してもその通りにいかないのが今の時代。最近の変化の激しい時代に、計画に縛られてしまったら正しい決断はできやしない。朝令暮改、いや朝令「朝」改できる勇気と度胸がないと、今のトップは務まらない。

鈴木喬の名言|朝令「朝」改できる勇気と度胸がないとトップは務まらない


カシオでは、「自分が好きなものは誰でもつくれる。ユーザーが欲しいものを考えられたら商品企画として一人前」と教えられました。

中澤優子の名言|カシオで学んだこと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ