鎌田和彦の名言|すでに起こった過去を検証するのと、不確実な未来と向き合うのは違う

成功した人を見て、彼の成功要因をポイントで抽出するのは簡単です。じゃあ、それを同じようにやったところで、同じように成功できますか。あり得ません。すでに起こった過去を検証するのと、不確実な未来と向き合う態度は、評論家と経営者がまるで違うスタンスに立っているようにまったく異なります。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

もしあなたが、会社を買うことになったら、まずは従業員や取引先の信頼を得て、きちんと「社長になる」ことが大事です。挨拶や掃除など、小さなことからコツコツと積み上げて信頼を得てから社内のリソース、財務状況、人材、クライアント、競合などをじっくりと調べ上げてください。会社を買う前には気付かなかった多くのことが見えてきて、正しい業務改善ができるようになるのです。

三戸政和の名言|まずは小さなことからコツコツと積み上げて信頼を得る


メールがスマートフォンに入るようにしているので、移動中にアポイントの管理などをしています。また、「この件は引き受けるかどうか」という意思決定も、移動時間にやることが多いです。時間に余裕があるときだと、かえって悩んで決められないこともあるからです。

齋藤孝の名言|移動時間に適した仕事


僕が『男はつらいよ』に出演する際は、前日に撮影現場に入って、明くる日、出番をワンシーン撮り終えたらすぐに帰るのがつねでした。帰り際、渥美(清)さんに挨拶にいくと、「おっ、笹野ちゃん、もう帰っちゃうの?いいねえ、美味しいところだけをサッともっていってスッと帰る。俺も本当はそうなりたかったなぁ」なんておっしゃる。そこには、国民的な映画を背負い続けた渥美さんの本音が、幾分か含まれていたのかもしれません。僕はその言葉を聞いたとき、「そこまでおっしゃってくださるのなら、徹底してやろう!」と誓ったのです。それ以来、僕は自ら「ワンシーン役者」を標傍し、それを誇りとするようになりました。

笹野高史の名言|自分の持ち味を明確にすることの大切さ


優位性の乏しい中堅企業でも、勝てると信じ込むことができれば、大胆に戦うことができます。そうした思い込みを社員に植え付けるのが、宗教指導者たる経営者の役割だと思うのです。

鈴木喬の名言|勝てると信じ込むことが大切


加齢とともに中途覚醒(睡眠中に目が覚めること)が起きやすくなり、高齢者になると途中で起きない人のほうがむしろ珍しくなります。夜中に何度も目を覚ますこと自体に悩む必要はありません。心配なのは、早とちりして不眠症と自己診断して、睡眠薬に頼るようになることでしょう。

裵英洙の名言|高齢者が夜中に何度も目を覚ますこと自体に悩む必要はない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ