鎌田和彦の名言|普通の人間が成長するには

このエントリーをはてなブックマークに追加

よほどの天才でもない限り、人間が理想の姿に近づくには、目の前の仕事で発生した課題をひとつひとつ解決していく、それこそ薄紙を積み重ねるような努力しかないと、いまでも僕は思っています。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

既存の銀行とは違う我々とはいったい何者なのか、僕はそれをしょっちゅう考えています。環境認識をした上で、「じゃあ、その中で我々は何をすべきなのか」「どういう存在であるべきなのか」と常に自問自答しています。

国家の支援を受けるような状態になったら事業はおしまいです。国の指示を受けていては、仕事になりません。やはり自立自助でやっていくことが大切。

幸運にも、いまの立場にいて、多くの人が見られないことと、聞けない情報に直接接しています。そういう立場にある以上、それを世の中に全力で伝えていく義務があると思っています。

大事なことは目に見えない財産の活用です。まずは人ですよ。営業であっても、開発であっても、その知識と技術トータルの財産が会社の資産ですから、こうした財産を守っていくことが大事だし、同時にこうした無形の財産が会社を支えているんだという認識が我々経営者には大事なこと。

役者って、自分のやりたい役柄をやっているだけだと、いつか限界が来ると思うんですよ。僕はもともと、アウトローな役柄が好きで、ネクタイを締める役なんて自分には絶対に似合わないと思っていました。でも、ある程度の年齢になるとそういう役柄のオファーをいただくようになり、勇気を出して挑戦してみたら、演技の幅が広がって役者として一回り大きくなれた。

男女年齢を問わず、他部署の人とも話せる関係を築ければ、もっと心強い。それぞれの立場で情報交換ができるし、融通を利かせ合うこともできる。いわゆる社内人脈の重要性は、仕事ができる人ほど認識しているはずだ。

技術ばかりが先行し、新入社員だった私から見ても、これは買わないな……というサイトがほとんどでした。ただ、何か提案したくても、入社一年目の私には説得力がない。そこで、自分と同じようにオンライン・ショッピングを楽しみたい女性10名ほどに声をかけ、生活者の視点からオンライン・ショッピングを語るメーリングリスト『LIFE』を一緒に立ち上げました。
【覚書き|NTTコミュニケーションズ・マルチメディア情報流通推進部に入った当時を振り返っての発言】

いまの若い人は、すごく真面目だけど小粒か、たんにハチャメチャなだけのどちらかです。「一見ハチャメチャだけど、根は真面目」というのが理想なんですが、そういう人は本当に少ない。でも、それは希少価値があるということでもありますから、「自分のやりたいことを明確に持っていて、それに邁進するハチャメチャなパワーもある人」にとっては、いまは追い風が吹いていると思っていいでしょう。

天野(篤)先生は、手術と手術の合間に少しでも暇があったら寝たほうがいいよ、とアドバイスしてくれました。天野先生自身も寝るのですが、みんなのいるところで寝るから誰もリラックスできない(笑)。だから私は自分の部屋に戻って寝るようにしています。

取材はできる限り相手の情報を調べて臨む、これに尽きます。「あなたのことをここまで調べてきました」という、事実というよりは気迫、それが伝われば、相手もこれは本気で話さなければとなるんですよ。それに、こちらが情報を持っていると、相手はこっちの知らないことを話さなきゃという気持ちになりますから、他では聞けない話をうかがえたりするんです。

ページの先頭へ