鎌田和彦の名言|普通の人間が成長するには

このエントリーをはてなブックマークに追加

よほどの天才でもない限り、人間が理想の姿に近づくには、目の前の仕事で発生した課題をひとつひとつ解決していく、それこそ薄紙を積み重ねるような努力しかないと、いまでも僕は思っています。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

友と敵とを持たねばならない。友は忠告を、敵は警告を与えてくれる。

このまま従来の商習慣にこだわっていては、グローバル競争に生き残れない。

小さな失敗はいくつもありましたが、「ガダルカナル島の戦い」のような決定的な失敗はありませんでした。未踏の分野に進出する際はマイナー出資でそろりと始め、うまくいかないと判断したらできるだけ早く身を引くのが当社の習い性ですから。

何も問題がないときは、努力は「手を広げる方向」に行きがちですが、窮地に追い詰められたときほど、自分たちが社会から本当に求められているもの、一番の強みが浮き上がってきます。これもチャンスのひとつです。不連続なこと、予測できないことが起きたときこそ、既存のシステムを守るより「まさか」を受け入れなければ駄目です。根本的なものを考えられるタイミングはそこしかないんです。

私たちが犯した最も重大な過ちは、あまりにたくさんのことをあまりに性急にやろうとしたことだった。といっても、その努力をしたことに関しては正しかったと今でも私は信じている。私たちはとにかく努力をした。そのことを、今でも私は誇りに思っている。

女性の活用には、その能力が組織に多様性を与えイノベーションを生む原動力になる、との視点が欠かせない。

賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶといいます。私はまだ愚者だから、経験から学ぶことが多いのです。失敗の経験を繰り返し、歯ぎしりしながら是正してきたというのが実情です。

ページの先頭へ