鎌田和彦の名言|ビジョンは理念は定期的に読み返せばいい

ビジョンは理念は、仕事にとって大切な要素ですが、四六時中呪文のように頭の中で唱えていたら、肝心の仕事が疎かになってしまいます。だから普段はむしろ忘れていた方がいいんです。定期的に読み返して、現在の立ち位置を確認すればいいのです。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

HS証券の失敗から、私は企業買収を成功させるために必要なことをいくつも学びました。その中でも、特に重要なのは買収契約を結ぶ前に、相手先を徹底的に調査するということでしょう。ハウステンボス買収ではこの時の経験が生きました。

澤田秀雄の名言|買収前には徹底的な調査を


私は凡々たる人間で、リーダーをカッコよく見せ、仕事がやりやすいようにしてあげるのが本当は合っているタイプです。好きな言葉に「凡を極めて、非凡に至る」というものがありますが、それが私の理想です。

後藤卓也の名言|凡を極めて、非凡に至る


勉強の本来の目的とは自分自身の成長です。「できなかったことができるようになる」つまり、バツだった問題にマルがもらえるようになることや、アイデア創出や仕事上の課題といった「答えのない問題」を解決すること。問題のハードルを自ら下げることで、「自分のできの悪さを隠すクセ」を社会に入った後も引きずると、「ビジネスマンの成長」は著しく阻まれることになります。

坪田信貴の名言|勉強の本来の目的とは自分自身の成長


管理職だけができる、仕事を面白くする方法をご紹介します。それは、「ビジョンをつくる」こと。ビジョンとは、「みんながワクワクする、近い将来の組織のありたい姿」です。仕事をつまらなくしている要因に、仕事の意味が見出せない、ということがあります。自分の仕事が何のためにあるのか、誰が喜んでくれているのか。売上など、目先の利益だけが先行すると、人はワクワクしないのです。

前川孝雄の名言|目先の利益だけが先行すると、人はワクワクしない


大事なプレゼンの前は、イメージ・トレーニングをします。これは大変効果があります。1分ほど目を閉じて、自分がプレゼンしている姿をできるだけリアルに思い描きます。「ここに○○部長が座って、この資料を見せて……そうしたら、こういう質問が来るかもしれないな。じゃあ、ここは気を付けておかないと……」という具合です。これを本番の4~5日前から時間を見つけて繰り返します。すると、すでに何度も経験しているような気になっていますから、当日は緊張することなく、自分のペースでプレゼンに臨むことができるのです。

伊藤正裕の名言|大事なプレゼン前にはイメージ・トレーニングを何度も行ってリハーサルをする


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ