鎌田和彦の名言|ビジョンは理念は定期的に読み返せばいい

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジョンは理念は、仕事にとって大切な要素ですが、四六時中呪文のように頭の中で唱えていたら、肝心の仕事が疎かになってしまいます。だから普段はむしろ忘れていた方がいいんです。定期的に読み返して、現在の立ち位置を確認すればいいのです。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私はリクルートで非常に多くのことを学ばせてもらいました。その中でも素晴らしい上司に囲まれて仕事ができたことは大変ためになったと思います。よく自分の仕事が分からないときにどうしたらいいのかと上司に聞いていたのですが、その時逆に「お前はどうしたらいいと思う」と聞かれるのです。そして私が胸を張って答えると、「それならやってみろ」と言ってくれるのです。毎日この繰り返しで過ごしていましたので、自発力といいますか、言われたことを鵜呑みにするのではなく積極的に自分でものを考え、行動するという癖が身につきました。そのようにして仕事とは作り出すものということを教えられたのです。

自分で必要だと思って行動しないと、メダルには届かないと思います。だから、スカウトする時点で私生活や性格まで、いろいろな情報を集めます。社会人になって伸びるのは、目的意識を強く持っている選手です。自分にとっての一番のコーチは自分だと意識しないと伸びません。

社会というのは誰かに与えてもらうのではなくて、自分たちでつくるものです。社会に対する当事者意識が無いといけません。日本人は、お任せ主義っぽいところがあります。自分たちで日本社会をつくるという思いが無くて、世界に貢献しようという思いも少ない。その少ない中で、新しいことにチャレンジする社会起業家が出てきている。だから、私は彼らを応援したいんです。

業界全体は若干前年割れの状況だが、当社は前期も前年を上回る売り上げ、利益を上げることができた。これはお客様に我々の言い値で買っていただいているから。

私が調査してきたスポーツと遺伝子の関係からわかったことは、子供の成功は長期的な視点で見なければならないということである。

昭和55年頃から梅酒造りを始めたのですが、味にこだわって、時代に流されずにやって来たことが良かったのか。強みである一方で弱みでもありますが。一つの重要な基盤になっていることは確かですね。

プロにとって最高の環境とは、歩むべき道を自由に選べることでもあります。私たちはむしろ、優秀な人材がここから巣立ち、多様な現場で活躍することを応援しようというスタンスです。

リーダーは将来を見通し、事業に影響を及ぼす環境の変化をいち早く見抜き、自ら変化を起こさなければなりません。もちろんこれは決して簡単なことではありません。リーダーの仕事で最も難しいことかもしれない。変化を起こす際には、ある意味で自分のこれまでの考え方を否定することになり、自信が持てなくなることもあるからです。

電力自由化とは、当社にとって、規制産業だったものが市場のメカニズムによって競争するようになるということです。そのため仕事を徹底的に見直す必要がありました。自由化に向かう時期、私は資材部長として発電所施設の部品・部材の一品一品の価格や調達方法まで徹底的に調べる方向に舵を切り、コスト削減を図りました。それまでは必要なコストを積み上げてから利潤を上乗せして料金設定してたので、コスト削減といっても従来とは内容が違います。

起業してから苦労の連続でした。実は今までに撤退した事業はいくつもあります。

ページの先頭へ