鎌田和彦の名言|足元の現実にしっかり取り組む重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

いま自分にできることは何かを考えたとき、未来は制御できないし、結局、目の前の仕事で発生した課題をひとつひとつ解決していく、それこそ薄紙を積み重ねるような努力しかないことがわかりました。薄紙ですから、いくら重ねてもそのときは成長実感なんてありません。出も続けていけば、やがては厚みが出る。そう自分に言い聞かせて、足元の現実に向かい合うようにしたら、それまでの自分をある程度評価できるようになったんです。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

苦手な仕事に遭遇したら「これは自分を磨く研磨剤なのだ」と思って取り組んだ方が得です。

ニューバランスの特徴の一つは、他のメーカーと違って株式上場をしていないプライベートカンパニーなので、オーナーの意向が経営方針に反映されるということです。それは、クラフトマンシップであったり、フィッティングであったりを重視することに表れています。

自分が成績を上げていたときの営業手法が、いまも通じるわけではありません。夜遅く、お客様先からライバル会社のクルマがいなくなってから、ダメ押しの訪問をしろ」と、いまだに「夜討ち・朝駆け」の営業を強いるマネジャーもいます。しかし、朝晩通ってくる営業マンの情にほだされて契約するお客様は減っており、根性よりも提案力や知識を求めています。自分のペースを乱される訪問やアプローチを嫌う人も増えています。

人生というものは、宇宙の変化から見れば、まことに水の流れに浮かぶうたかたのごとく、儚く小さいものである。だから、人は互いにああじゃない、こうじゃないと些末にこだわったりしないで、自分のペースで最高の努力をしていくのが一番いいのではないか。

自分が知らないことを、むしろ利用すべき。他者とは違うやり方で何かをする行為は、古い型を破り、新しい会社や商品を作り出す。

一件断られても引きずらないこと。次に会うのは断ったお客様とは別人ですから、心のリセットが大切です。

基本的には興味が持てないと気合が入らないので、自分が好きな分野を選んでいます。

ページの先頭へ