鎌田和彦の名言|足元の現実にしっかり取り組む重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

いま自分にできることは何かを考えたとき、未来は制御できないし、結局、目の前の仕事で発生した課題をひとつひとつ解決していく、それこそ薄紙を積み重ねるような努力しかないことがわかりました。薄紙ですから、いくら重ねてもそのときは成長実感なんてありません。出も続けていけば、やがては厚みが出る。そう自分に言い聞かせて、足元の現実に向かい合うようにしたら、それまでの自分をある程度評価できるようになったんです。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たちがいわゆる億万長者から何を学ぶかと言えば、「仕事や日常の生活で相手の問題を解決する」ということ。要は、これがいちばん簡単な、お金を稼ぐ方法であると思う。

いまがどんなにつらい環境でもその辛さに耐え、「将来成功者として勝利者インタビューを受けている自分」をイメージして、そのときに言うであろうコメント通りの行動をいますればいい。その選択が、必ず試練を乗り越えさせてくれる。

性体験の年齢がどんどん低下していくいまこそ、きちんとした性教育が必要で、早くしないと手遅れになってしまうと思うんです。

仮説に至るまでの思考プロセスは論理的に説明しにくいのですが、私はいまでもできる限り現場を回るように心がけていますし、手を動かしているような仕事のとき以外はずっと頭を巡らし、考え続けています。それを落としてしまわないように書きとめているという感じでしょうか。

リーマンショックの後、京セラは人員削減をすることなく難局を乗り切ることができました。経営理念のひとつに「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」とあったからです。おかげで、動じることなく雇用を守り続けることができました。社員に安心感を与えることもできたと考えています。

リクルート時代、私は人事部ではなく営業を希望していました。なのに人事部配属。正直言って、自分に人事の才能があるとは思えませんでした。しかし「やってみないとわからない」と腹をくくって120%の力で仕事にとりくんでみたところ、多くの優秀な人材を口説き落とせた。そうして、心の持ち方が大切だとわかったのです。

これだけ多様な情報発信がされる時代になったというのに、多くの人は同じ情報しか見ていません。ネットで情報を調べても、検索結果の上位に表示されたサイトしか見ませんし。ニュースもヤフーのトップページに掲載されたものしか見ていません。ネットであらゆる情報にアクセスできるのに、結局は皆と同じメジャーな情報しか見ていない人がほとんどなのです。これでは多数派の意見に流されて当たり前です。

営業職ならマーケットの現場や最前線、技術職なら工場のラインに身を置かないと、ビジネススキルの基礎となる地力は決してつきません。

最近つくづく思うのは、晩節を汚してはならないということです。せっかくの偉業や名声も退き際を間違えると、一瞬にして崩れ去ります。要因は、一に金銭、次に異性、そして名誉でしょう。

「自分にとって一番大切な価値は何か」を意識することは、リーダーだけでなくすべての人に有益です。学び、成長するために大事な要素だからです。

ページの先頭へ