鎌田和彦の名言|足元の現実にしっかり取り組む重要性

いま自分にできることは何かを考えたとき、未来は制御できないし、結局、目の前の仕事で発生した課題をひとつひとつ解決していく、それこそ薄紙を積み重ねるような努力しかないことがわかりました。薄紙ですから、いくら重ねてもそのときは成長実感なんてありません。出も続けていけば、やがては厚みが出る。そう自分に言い聞かせて、足元の現実に向かい合うようにしたら、それまでの自分をある程度評価できるようになったんです。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本電産「圧勝の三条件」

  1. 市場には一番に参入する。
  2. 技術優位性で勝つ。
  3. 低コストである。

日本電産「圧勝の三条件」


社是などを明記した「コーセーグループ行動指針」を上場時に導入しました。規律はあっという間に緩むので、明文化した方がよいとの思いからです。

小林保清の名言|規律はあっという間に緩むもの


プレッシャーを味方につけて勝利のためにすべてをかけたい。

菅野智之の名言|プレッシャーを味方につけて勝利のためにすべてをかけたい


長期投資はお金の増え方もすごく健全なのよ。世の中や社会から喜ばれて、「ありがとう」という言葉とともにお金が増えて戻ってくるんだ。一般的な投資だと、「儲けてやろう」「稼いでやろう」で、皆が目を血走らせる。そこはバクチ場と似たりよったりで、お金を取るか取られるか。いかに自分だけいい思いをするかしか考えない。「ありがとう」なんて誰も言ってくれない。ところが長期投資だと、お金が優しく働いてくれる。世の中のためとか、社会に良かれといった、青臭い言葉が平気で飛び交う。それが、長期投資の世界なのよ。

澤上篤人の名言|長期投資の世界


情報は簡単には伝わらない。地方会場での試合後、コンビニなどに立ち寄ると、僕に気づいて「あれ、棚橋選手、なんでここにいるんですか?」と声をかけてくださる方がいます。ということは、公式HPや選手のブログ、ツイッターなどで何度も告知しているにもかかわらず、僕を知っているくらいのプロレス好きな方にさえ、当日近くで興行があるという情報が伝わっていないわけです。ましてや、プロレスファンでない人に至っては……という話です。繰り返し繰り返し情報を伝える作業をしなければいけないし、それでも情報は伝わらないものなんだと痛感しました。

棚橋弘至の名言|情報は簡単には伝わらない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ