鎌田和彦の名言|ビジョンは理念は精神論ではなく技術で

ビジョンは理念は、精神論ではなく技術によって対処することが、現実の仕事の能力を高めることにもつながるのです。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

徹底してコスト削減にこだわっているのは、コストは投資家自身がコントロールできる、数少ない要素の1つだからです。例えば、政府の方針や相場の動きなどは自分でコントロールできませんが、コストはそれが可能です。今の市場環境では――特に債券は非常にリターンが低いので――(手数料などの)コストの違いは実質リターンの大きな違いにつながります。

ビル・マクナブの名言|コストは投資家自身がコントロールできる、数少ない要素の1つ


現地のエージェントを探し、彼らを通して直接、現地で商売をする。それが私たちのビジネスモデルです。日本に住んでいる日本人だけでは、いくら優秀で、どれだけ言葉ができても、現地の人のようにはいきません。その国で生活し、文化に通じ、社会を肌で知っている人と一緒に輪を広げていくのです。

吉岡隆治の名言|日本に住んでいる日本人だけでは、いくら優秀で、どれだけ言葉ができても、現地の人のようにはいかない


うまくいかず相変わらず落ち込むことが多かった。そんな時は愚痴を吐いて、そしていい意味で諦めながら、自分ができることを模索し続けていった。

高橋大輔の名言|いい意味で諦めながら、自分ができることを模索し続けていった


機能する組織は「2:6:2」とよくいわれます。いわゆる優秀な社員が2割、普通の社員が6割、そのほか2割でも組織がちゃんと回りますよ、と。私は変革リーダーはそうたくさんいなくても組織が変わるとみています。いわゆる優秀な社員2割の中から2割のリーダーを選び出すのです。要は社員全体の4%に変革を志向する「鬼」がいれば、組織は絶対に変わると信じています。

細谷英二の名言|社員全体の4%をリーダーにすれば組織は絶対に変わる


うちでは管理職は立候補制なんです。人事部が評価して人材を抜擢するシステムだと自由がないじゃないですか。だから、自分はもう管理職やれるよという人は立候補してもらう制度にしています。

星野佳路の名言|管理職は立候補制


日本でも多くの方がお悩みという語学についても触れておきます。40歳以上の方が、英語も含めた語学を敬遠しがちな理由は2つ。ひとつは、さほど学びたいとは思っていない。もうひとつは、もう一度何かを一から学び直す過程を、嫌がるというより怖がっているからだと思います。往々にしてそうしたメンタルな「壁」が学習の邪魔をするのですが、実際はひとつの言語において1000の単語さえ覚えられれば、かなりの部分が理解できます。だから、それほど怖がらなくていいでしょう。覚えるべき1000の単語は、「言語名」と「1000」「popular words」でネットを検索すれば出てきます。これなら、約1カ月でひとつの言語の基礎を学ぶことができます。

エラン・カッツの名言|メンタルな壁が学習の邪魔をする


俺は50代の後半だけど、朝、築地に仕入れに行くと、魚が好きで一所懸命に仕事をやっている若い人を見かけて、心を打たれるんだ。応援したくなる。大事なのはそれなんです。ウチの常連さんも、「30代の夫婦が必死にやっている店には『気』があるから、それを吸収したくて行く」とおっしゃる。それこそが魅力なんです。

北島素幸の名言|必死にやっている店には「気」がある


人間は自分に似ている人に親しみを感じる性質がある。たとえば出身地が同じだと何となく親しみがわく。これは感情を共有できるからである。趣味や食べ物でもいい。共通点が見つかると、特に初対面の場合は打ち解けやすい。

松村清の名言|人間は自分に似ている人に親しみを感じる性質がある


本当にやりたい仕事ではなくても、考え方次第で楽しみはいくらでも見つけられる。楽しい人生が送れるかどうかは、その発想の転換ができるかどうかで決まってくると思います。

森下一喜の名言|考え方次第で楽しみはいくらでも見つけられる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ