鎌田和彦の名言|ビジョンは理念は精神論ではなく技術で

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジョンは理念は、精神論ではなく技術によって対処することが、現実の仕事の能力を高めることにもつながるのです。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

プロジェクト・マネジメントで最も大切なことは、商品のコンセプトやスケジュールを関係者全員で共有するための仕組みをつくることです。たとえば、企画書ひとつとっても、私は文字ではなく絵が中心の視覚的な資料をつくってきました。誰もが一見して理解できるよう、グラフやチャート図で示した資料です。

ペッパーの人型からのアプローチは一つあると思うんです。しかしせっかく日本発でパーソナルロボット産業が盛り上がりつつある中で、それを継続的かつ世界的なムーブメントにするためには、他のアプローチも含めて全方位的に盛り上げていく必要があると思います。僕たちはペッパーがカバーしていない方角からアプローチして、共にロボット産業を盛り上げて行きたいと考えているのです。

数字を絡めて説明すると、相手がイメージを描きやすくなります。たとえば、「発電設備をつくるには膨大な手間がかかる」ことを説明するとき、「申請書をつくるだけで三か月かかる。送電線ひとつつくるにもダンボール15箱分の書類が必要」と説明すれば、具体的にイメージが湧くでしょう。

自分自身を受け入れることが、可能性を広げてくれる。

優秀な人が多く忙しい職場こそが、自分の将来の人材価値を上げる「いい職場」であるという面もある。勤め先が本当に「ブラック企業」なら早急に、逃げるなり戦うなりの行動を起こすべきだ。そうでないと判断する場合、慣れることがベストの選択ということもある。

自己啓発書は答えを考えるきっかけを作る本。読む時も読み終わった後も、「何のために生きるのか」「何のために働くのか」と自分に問いかけよう。

会計が分からなければ、社長は務まりません。

ページの先頭へ