鎌田和彦の名言|飛躍願望を捨て現実的になる重要性

仕事はメチャクチャ忙しいのに、自分が成長しているという実感がまるでなく、焦燥感ともどかしさだけが、日々募っていくんです。当時は、膝まで泥に埋まって走ろうとしても走れないという嫌な夢をよく見ました。それであるとき、飛躍願望を捨てて徹底的に現実的になろうと思ったら、そこから楽になりました。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

既存の生保では、販売員の組織を維持することがすべてに優先するようになり、普通の商品がつくれなくなってしまいました。恋人や両親に安心して勧められるようなわかりやすい商品をゼロからつくりたい。

一般的の方が陥りがちな思い込みが「変化は連続的に、徐々にやってくる」という感覚です。しかし、これも現実に即してはいません。バブルの崩壊、サブプライムの信用崩壊、日本の家電産業の衰退などを見れば、変化は倍々ゲームのような指数関数的な急変としてやってくることがわかると思います。

エースに限らず部下と衝突する場面は頻繁に起こります。部下に何か意見を言われたら全部聞くわけでも、全部潰すわけでもなく、部下の話が正しいかどうかという見方をしていくことが大切です。

仕事に情熱を傾けられる人は、本人も成長するし、会社の成長にも繋がる。

僕も勤め人の経験がありますが、会社を経営する側というのは、従業員に対して、場所、時間、資金、技術といった、いわば仕事のきっかけしか与えられないのです。つまり、その人の仕事が伸びるうんぬんは、与えられた環境に対してどれだけ本人が目覚めて、それを膨らませられるか否かの差だと思います。

みなさん、アウトソースが安いことを理由に外注されることが多いですが、そうするとノウハウがたまらない。

気持ちが続かないのは、目的意識が希薄だから。選ばれる「理由」を明確にすることは、あなたの士業ビジネスの目的づくりにほかなりません。選ばれる理由づくりはどのようにすればいいか。「やりたいこと」「できること」「稼げること」を組み合わせるのです。自分の経験や能力を棚卸しして、「誰に」「何を」「どのように」提供し、どんな「結果」をもたらすのかを整理しておくコンセプトづくりが不可欠。

イノベーションを起こさなければ、お客さんは違うところに行ってしまう。

勝つためには自分の長所を発揮できなければなりません。日本人にはたくさん良いところがあり、それを捨ててしまっては勝つことはできません。

私は従業員の未来を考えて、ラーメン屋ではなく飲食企業にせねばいかん、夢と希望を持たせなければいかんと考えるようになりました。それで海外に進出することにしたんです。

ページの先頭へ