鎌田和彦の名言|目標から外れても腐らず、その都度対策を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の場合、たとえ球がコースを外れても、そこで腐ったり投げ出したりせず、どうやってこの窮地を脱出しようかとその都度考えながら、なんとか人生というゴルフを続けてきたから、今日があるのだと思います。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今、我々の市場で必要なのは、「タブーライン」を破っていくことなんです。社内での用語なんですが、要は、男性の身だしなみの常識は時代と共に変わっていて、かつてのタブーが当たり前になったりする。男性用化粧品もそうだし、フェーシャルやボディーペーパーなど男性のグルーミング習慣を広げる製品も、タブーラインを越えた先にある商品で、新市場と言えます。

POSのデータに頼って次の仕入れをしたり、商品の評価をしたりしていると、売上は上がっていても、「(流行に敏感な)早い人」はいつのまにか去り、感度の低い人しか来ない店になってしまいます。これが店の陳腐化です。

私が上司の立場になって意識して行ったのは、難しい案件はあえて一番忙しい部下に託すことだった。忙しい人間ほど、限られた時間内に多くの案件を処理するスピードが要求され、決断力が研ぎ澄まされているからだ。

日本人が持つ根気強さに、外国出身者のプライドが加わった。その相乗効果で、日本代表は強くなった。

いくら成約という結果につながりそうだといっても、儲からなければどうしようもない。日本語には「割に合う」といったいい言葉がありますよね。ビジネスとして、割に合うかどうかを判断しなければいけない。

元々は食器の販売をやっていました。その時に「食器がよければ、料理はおいしそうに見える」ということをセールストークに、実際に料理を盛りつけていたんです。すると意外なことに、若い女性客から「料理を教えてほしい」という声がたくさん寄せられたんです。私は肉じゃがとか目玉焼きみたいな、簡単なものしか作れません。でも、彼女たちはその簡単なものが作れない、と。正直、驚きました。聞いてみると地元には、ご飯の炊き方など、基本的なことを教えてくれる教室はないって言うんです。それで、本当にできない人のための教室にはニーズがあるかもしれないと考え、一緒に食器を売っていた女性スタッフと、料理教室を始めました。

肩の力を抜くためにお勧めしたいのは、自分の顔を鏡でみてみることです。意識していないと、表情が硬くなっているものです。怖い顔をしていたら、鏡のなかの自分に「肩に力が入っているよ。無理するなよ」と声をかけてあげてください。自分自身の心や身体と対話することも、肩の力を抜いてリラックスするには有効です。

ページの先頭へ